収納計画

スタッフブログ

2018.1.29 I様 収納コーディネート(No.1702)

2018.3.12収納コーディネートレポート

11月25日 現在は2才の女の子がいらっしゃる3人家族のI様。春にはもう一人、家族が増える予定です。
趣味は読書で本が200冊以上あり、さらにご主人様のお仕事関係の資料も多く、その収納をやや気にされていました。2階には主寝室と隣接した書斎が設けられ、ご主人がお仕事の準備をされたり、奥様の読書スペース
として使われる予定です。書斎には机として使えるカウンターと、可動棚があります。
A4サイズの書類を置くのには若干奥行きがあり、余ったスペースをどう使えば良いかとお悩みだったそうです。
確かに、A4のファイルなどを奥に並べますと手前にはスペースが残り、物を置いてしまうとファイルの出し入れの邪魔になります。書類だけであれば奥行きが30cmの棚でも十分入り、見かけもすっきりすることをご説明し、
I様も是非そうしてください、と喜んでいただきました。ただ、200冊もある本の収納の問題が残っていました。
書斎が細長いこともあって本棚を置いてしまうと部屋も狭くなり、圧迫感も出てくる可能性も。
そこで、壁に埋め込むタイプの本棚をご提案させいただきました。丁度文庫本やコミック本の奥行きがあり、
壁の中にニッチのようにすっぽりと入るため、邪魔にはならずたくさんの本が収納できます。
このご提案でI様もほっとされたようでした。
気にされていた細かい部分も、解決できてよかったですね。

大変お疲れ様でございました。

記事一覧へ戻る

Categoryカテゴリー

Archiveアーカイブ

Contact

ご依頼やご相談など、
弊社へのお問い合わせはこちら

TEL.03-3718-1896
9:00~18:00 火・水曜定休

お問い合わせフォーム