収納計画

スタッフブログ

2017.11.26 S様 収納コーディネート(No.1602)

2018.3.12収納コーディネートレポート

9月22日 
3才と0才の女の子がいらっしゃる、4人家族のS様のご新居の計画でした。
ご夫婦ともにお洋服やバッグ、帽子が多いとのことでウォークインクローゼットの使い方について
じっくり考えました。かなり広めのクローゼットスペースでしたが、もう少し広げるかどうかお悩みのようです。
クローゼットスペースの後ろには納戸があり、そのクローゼットと納戸の間の壁をなくすかをご検討されている
最中でした。家全体の図面を拝見したり、持ち物を伺っているとどうもこの納戸はあったほうが良いように
思われます。雛人形やクリスマスツリーもあり、扇風機、ヒーター、旅行鞄であったり、今後は上のお嬢さんが
着なくなった服や遊ばなくなったおもちゃを妹さんが使うまでのお下がり物も増えていくことでしょう。
家には他に大きな物を置く収納がないため、大事なスペースとなります。現在のクローゼットのプランでは
ハンガーパイプがコの字に合計6m30ほどあります。メジャーを使い、ウオークインクローゼットの広さを
シミュレーションしてみましたところ、これだけあれば十分、とご納得されました。ただ、帽子やバッグもあり、
パイプの上の袋棚ですと奥様にとっては若干取りにくいとのことでしたので、入って右側の真ん中に壁を立て
可動式の棚を設置することをご提案させていただきました。ただ、その分パイプが減りますため、反対側の壁
にも同じ位置に壁を立て、パイプを上下2本に設置することをご提案。このようにすることで棚を作った分、
パイプも減らずにすみます。収納は必ずしも空間の広さとは限らず、物のしまいかたやスペースの中での
工夫で解決できることもあります。ただ広いだけが良いとは限りません。収納コンサルを行ったことで、
細かいことまでヒアリングをさせていただき、ただ広げるのではなく、収納スペースを有効的に使う
ご提案をさせていただきました。S様も収納のイメージが湧いた、と喜んでいただけました。

大変お疲れ様でございました。

記事一覧へ戻る

Categoryカテゴリー

Archiveアーカイブ

Contact

ご依頼やご相談など、
弊社へのお問い合わせはこちら

TEL.03-3718-1896
9:00~18:00 火・水曜定休

お問い合わせフォーム