収納計画

スタッフブログ

2017.1.20 S様 収納コーディネート(No.1166)

2018.3.11収納コーディネートレポート

1月15日 、S様は8歳と4歳の男のが二人いらっしゃる、4人家族のご新居です。
収納には大変ご興味をお持ちで、収納セミナーにも参加されたり、たくさん勉強をされながら
ご新居の計画を立てられたので、収納はとても充実していました。
ご主人様のご趣味は自動車で、車関係の雑誌が多く、リビングや書斎には作り付けの本棚が
設置されていたり、テレビボードも壁面の造り付け家具が予定されています。
ホールには掃除機や掃除用具、家事用品などが入れられる階段下の収納スペースと、
その横にはコートが掛けられるオープンのクロークスペースが予定されていました。
そしてLDの入り口のすぐ横にも奥行きのある収納スペースがあります。
ここはもともと扇風機やヒーターやティッシュペーパーのストックなどを入れる予定でした。
今回は、この3つの使い方を少し整理することになりました。
通常ホールにコートをかける方も多いかと思いますが、S様はお出かけの際には暖かいLDでコートを着てからホールに出られたいとお話をされていました。また、貴重品も入っている奥様のバッグも、ホールではなく
いつも人がいるLDに置けたほうが安心なのと、将来的にお子さんたちのランドセルや塾のカバンもきっと
LDに置くことになるのを予想されていました。そのため、ホールにあったクロークスペースを、LDの収納に移し、ハンガーパイプとその上に袋棚を設置。クロークだったホールには扉を付け中に可動式の棚を設置しました。
こうすることでコートやバッグはLDに、そして扇風機やヒーター、お掃除用品など、「家の物」を全て
ホールにまとめることができました。家の物を一か所にまとめることでわかりやすく、管理もしやすくなります。
物をどこに収納するかも、お客様の毎日の生活動線を考えながら計画していくとより使いやすい収納になり、
ストレスを防ぐこともできます。ご自身で収納をいろいろとお考えだったS様でしたが、
最終的に細かい部分の確認もでき、大変ご満足いただけたようです。
S様、大変お疲れ様でございました。

記事一覧へ戻る

Categoryカテゴリー

Archiveアーカイブ

Contact

ご依頼やご相談など、
弊社へのお問い合わせはこちら

TEL.03-3718-1896
9:00~18:00 火・水曜定休

お問い合わせフォーム