お客様の声 - 収納設計/家具設計・製作

当社が実際に行った収納家具のご紹介です。
  • U様邸① キッチン・リビング「広々としたLDKの収納はどうすればいいですか?」

    • before

    • before

    • after

    • after

    お客様のご要望
    広々としたLDKに対して、食器、家電収納、電話FAX台、テレビボードをどのように計画すれば良いですか?
    キッチン側も丸見えなので気になります。

    当社プランの施工
    テレビは大型を購入予定ということで、空間を広く取りました。
    テレビの両サイドは飾り棚としてガラス扉にして内部に照明器具を入れました。

    レイアウトを5パターン出してどの組み合わせ、どの設置場所が良いかお客様と一緒に考えました。

    食器家電収納棚はお客様が設計された物を反映させ、炊飯器のスペースには蒸気排気ユニットを設置。
    ごみ箱も引き出し式で組み込んでいます。

    キッチン台のサイドにはお客様と一緒に選んだレース地をはさみ込んだファブリックガラスを設置し、キッチン側が少しでも丸見えにならないデザインを施しました。
  • U様邸②

    • before

    • before

    • after

    • after

    お客様のご要望
    横に長いリビングの窓はカーテンにすると重いイメージになりませんか?

    当社プランの施工
    レースもドレープカーテンも昇降スタイルのダブルシェードですっきりおさめました。
  • U様邸③ 洋室「洋室にクローゼットを設置したい」

    • before

    • before

    • after

    • after

    お客様のご要望
    洋室1部屋は洋服部屋にしたいので、クローゼットを設置したい。 
      
    当社プランの施工
    ハンガーパイプも可動ができるのがシステム家具の良さです。
    背の高いご主人様のスーツは丈が長いので、ハンガーパイプを2m10cmからの2段設置にして、収納力をアップしました。
    扉をつけると、開け閉めの際、天井の照明器具にあたってしまうので、手前にロールスクリーンを設置しました。
  • S様邸 洗面所「車イスでも入れる洗面所にしたい!」

    • before

    • before

    • after

    • after

    お客様のご要望
    マンションを購入したときについている洗面台。
    お母様が車イスの生活になられたので、車イスのまま使用できる洗面台にしたい。

    当社プランの施工
    カウンター下をオープンにして、ボウルカウンターの高さは車イスに座ってお母様の使いやすい高さに合わせて設置しました。

    内装材や色も同時に新しくして洗面所をイメージチェンジしました。

    お客様の感想
    スッキリと使いやすくなりました。
    洗面所で使う物も厳選してお母様の使う物をカウンターの上に置くようにしました。 
  • S様邸 洋服と洋品小物の部屋「ものがどんどん増えてきたので、限られたスペースに物が沢山入る収納棚がほしい」

    • before

    • before

    • after

    • after

    お客様のご要望
    これまでは高さの低い家具にバッグを入れていたが入りきらなくなった。

    当社プランの施工
    すべて可動式の棚板にして、入れるものに合わせて調整ができるオープン棚を天井まで作りました。
    上部にはめったに使わないバッグや季節物を、中央~下段にはよく使うバッグを収納します。

    お客様の感想
    すき間や高さを合わせて作ってもらい、壁面にスッキリ収納できるようになりました。
  • A様邸 納戸「物を詰め込みすぎた納戸をスッキリ使いやすくしてほしい」

    • before

    • before

    • after

    • after

    お客様のご要望
    築25年のマンションを1年半前にフルリフォームし、室内はおしゃれにスッキリと暮らしています。

    しかし、各部屋には全く収納スペースがなく、家の収納はリビングに続く3畳弱の大きな納戸だけです。
    この収納スペース(納戸)に物を詰め込んでしまい、使いづらく困っています。
    この中には家族3人分の洋服、日用品、本、書類、掃除機、新聞紙など、洗面以外の家の収納が全て入っています。

    これまで使っていた書棚やタンスを入れて収納していますが、棚の中は使いづらく、タンスの奥には引き出しケースを置いていますが、リフォーム後、一度も出していません。

    当社プランの施工
    入って左側には掃除機、掃除用品。
    右側には家の書類、薬、日用品等の置き場所を決めてオープン収納家具を設計しました。

    正面タンスの奥にあったパイプハンガーは全く使えていませんでしたが、タンスを出して奥のスペースを有効に使うレイアウトに変更しました。
    また、パイプハンガーと上の棚板の間が非常に狭く、ハンガーを掛けづらかったため、パイプ受け金具を交換し、使いやすい高さにしました

    入って右側はご家族の洋服ゾーンとし、1列ごとに一人ずつの引き出しを用意。
    上は季節外、中央~下段を今のシーズン物の収納とし、引き出しの入れ替えで衣替えができるようにしました。(After1)

    洋服収納の作業は、全て「要・不要」の見直しをした後、洋服アイテムごとにケースに合わせてたたみ直しをします。(After2)