スタッフブログ

<<次の記事 | 次の記事>>

  • 9月18日 大宮へ収納コンサルティングに伺いました。


    U様ご夫妻は生まれたばかりの赤ちゃんと3人家族。
    今はそんなに物が多くないご様子でしたがお子様がいずれ成長されたり、増えた時は

    それぞれの収納が必要だということで移動して間仕切りにできるクローゼットを利用。
    本が多いということで造作の本棚を追加されました。
    作り付けの家具だと、埃もたまらず転倒する心配がないという利点も多く本だけではなく書類やアルバム、

    小物なども置けると喜んでいただけました。
    また現在お使いの衣装ケースをそのままご利用になりたいとのことであらかじめサイズを確認し、

    クローゼット内の棚やハンガーポールを細かく設定してゆきました。


    U様 お疲れ様でした。

    http://sanae-design.com/info/$/id/6777/ 収納コンサルティング

  • 9月18日 市原へ収納コンサルティングに伺いました。


    T様ご家族は20代のご夫婦と7ヶ月になる娘さんの3人家族です。
    玄関脇のSCは小上がりのホール部分を含めるとおそよ6帖ものスペースが用意されています。アウトドア用品やキャンプ道具、スノーボードの板と付属品一式、ベビーカー、そしてタイヤ4本もここに置いておきたいとのこと

    でした。スノボの板を立てかけて置けるようにご提案する予定でしたが予想以上にキャンプ関連の物が多く、

    また嵩張る物でもあったので棚板は必須と言うことになり、ボードは幅1.7mある棚板に平置きすることに

    しました。タイヤを平積みしても通路を塞ぐことは無く玄関側とリビングに面するオープンデッキの両方から

    アクセスできる使いやすい動線になっています。多趣味のご夫妻は他にもフェスに出向く際のフェスグッズや

    コミック本を所有されていて、これらは残念ながら減らす事は出来ず、寧ろ今後も増えるとのこと。
    書斎コーナーに計画されていた奥行20㎝の可動棚はカウンターデスクに座った時、前面にかなりの圧迫感と頭をぶつけてしまう恐れもあったので全て埋め込み式の収納棚ユニットに変更提案させていただきました。
    収納する本が奥行15㎝もないコミック本に限定されていたことで可能になったご提案例です。
    漠然としていた収納スペースに具体的に何が仕舞われ、更に、効率よく収納するためのコツも

    お伝えさせて頂いたことでT様には大変喜んでいただき、その素直な反応にプランナー自身も

    嬉しくなるコンサルでした。


    T様、お疲れ様でした。

    http://sanae-design.com/info/$/id/6776/ 収納コンサルティング

  • 9月18日 幕張へ収納コンサルティングに伺いました。


    ご夫婦と1歳のお子様の三人家族のお宅のご計画でした。
    現在のお宅のキッチンで収納不足ゆえの不便な点をしっかり認識されており、使用されている家電の

    種類やサイズ、作り付け収納や食器棚のサイズ等の資料を写真付きで提出して下さいました。
    新居の収納では、常に出しておきたい家電(炊飯器、オーブンレンジ、トースター、電気ポット)はキッチンシンク

    背面カウンターの上に全て置くことが出来ます。調理用具やカトラリー、調味料などはキッチンシンク側の収納に

    納まりそうです。大好きで今後増やしたいとお考えの食器類もカウンター下の引出し収納に納まりそうです。

    ご夫婦共に背がお高いので、吊戸棚も有効に活用されることと思います。
    ゴミ箱の収納場所は、キッチンからリビングの通路を挟む場所に計画されていましたので、使用頻度の高い

    可燃ゴミだけでもキッチン内に置かれると使い勝手が良いのではとお話しさせていただきました。

    幸いシンクとカウンターの間が広いキッチンですので、壁際に市販のゴミ箱を置いても問題なさそうです。

    サイズを確認して購入してくださいね。


    W様 お疲れ様でした。

    http://sanae-design.com/info/$/id/6775/ 収納アシスト・収納診断

  • 9月17日 横須賀へ収納コンサルティングに伺いました。


    Y様は娘さん親子と2世帯でお住まいの新居をご計画です。
    「物をしまうのが苦手」というお父さんが、娘さんは心配なご様子でしたがお父様は

    「引越を機にこれまでの人生で溜まった物を処分したい。」と意気込んでいらっしゃいました。
    大幅に処分する予定ではありますが、日々の生活のストック品や増えていく物もありますので

    収納は余裕を持って確保した方がよいと必要な収納をご提案させていただきました。
    娘さん親子は小屋裏収納もあり、今は余裕がありますがお子さんが成長されるにつれ

    物が増えていくことをお伝えしダイニングには細かい書類が収納できるものをお勧めし、
    洗面所やクロゼットには棚を多く設け、細かく収納しやすいようご提案させていただきました。


    Y様 お疲れ様でした。

    http://sanae-design.com/info/$/id/6774/ 収納コンサルティング

  • 8月19日 成田に収納コンサルティングに伺いました。


    K様はお母様と2人でお住まいになる予定です。

    これ以上リビングに収納を増やすことが出来ないのでは、とお悩みでした。

    置き家具は出来れば置かずにスッキリさせたい、パソコンもリビングで使いたいが

    常時置いておく場所がないかも、と仰います。そこで対面キッチンのカウンターを少し幅を広くして

    壁まで伸ばして一部を収納にして使うとパソコンを使う場所も細かな日用品や文房具などの収納も

    確保することが出来のでは、とご提案させて頂きました。

    そして書籍や資料など沢山お持ちで時々確認されるというK様の個室にも専用の場所を確保して

    いつでもすぐに出し入れ出来るようになりました。

    ストレスを感じることなく頑張っていただけそうですね。


    K様、お疲れ様でした。

    http://sanae-design.com/info/$/id/6773/ 収納コンサルティング

  • 8月19日  市原へ収納コンサルティングに伺いました。

    K様は娘さんとお母様の三人で生活される新居のご計画です。
    玄関横にはSCとWICが並ぶ計画です。上着やコートも掛けられてお出かけの際は上着を取り、

    靴を履くという一連の動作もスムーズに出来ます。そこで、一部をストック品置きや掃除機が

    立てかけられるようにされると更に使い勝手が良くなりますのでご提案させて頂きました。
    新居の完成が楽しみですね。

    K様  お疲れ様でした。

    http://sanae-design.com/info/$/id/6772/ 収納コンサルティング

  • 7月22日  成田に収納コンサルティングに伺いました。


    N様はご夫婦と男の子2人、女の子2人の6人家族です。

    食べ盛りのお子様達の為に冷凍庫、お米が沢山入るライスストッカーの置き場、

    食品ストックの為のパントリーなどN様家にとっては重要な場所なのでしっかり確保します。

    そしてお子様達のクローゼットもそれぞれお持ちの物によって内部の仕切りや棚板の位置、

    枚数のご提案をさせて頂きました。

    出し入れし易くする事で自己管理が楽になることでしょう。

    賑やかで明るい笑い声の絶えないお住まいになりそうで楽しみですね。


    N様、お疲れ様でした。

    http://sanae-design.com/info/$/id/6771/ 収納コンサルティング

  • 7月23日  浦安へ収納コンサルティングに伺いました。


    小学生の男の子と2歳の男の子、お母様、ご夫婦の5人家族のT様です。

    多くお持ちのアウトドア用品やレジャー用品、よく行かれるゴルフバックなどが収まるように

    インナーガレージとの通路部分やシューズクローク内の棚の位置や奥行き、枚数などフル活用

    頂けるようなご提案をさせて頂きました。

    ご家族で楽しまれる機会が多くなり活用する回数が増えても皆さんが楽に出し入れ出来ると

    ゴチャゴチャしないで管理ができそうですね。

    そして二階のホールにはスタディコーナーの広々したカウンターを設定してます。

    お子様達はそこで勉強や宿題をすることができ、奥様は洗濯物を畳んだりアイロンをかけたり、

    もちろんワークもいろいろできて多目的な素敵な空間となっています。

    楽しそうな雰囲気がいっぱいの新居です。


    T様 お疲れ様でした。

    http://sanae-design.com/info/$/id/6770/ 収納コンサルティング

  • 7月17日 柏へ収納コンサルティングに伺いました。


    ご夫婦と一歳の男の子の3人家族です。

    お片付けは苦手ですがと仰るK様は物が出ていないスッキリしたお住まいがご希望です。

    物は使いたいところに出し入れが楽な方法で収納できることで片付きます。

    現在お持ちの物、将来増えていきそうな物を想定し、K様のライフスタイルに

    合わせて検証させて頂きました。ウオークインクローゼットの中はパイプを

    二段にして掛けて管理する物と長い物の為の部分、可動棚で畳んで収納する物と

    管理し易くなるようご提案させて頂きました。

    いつまでもスッキリしたお住まいで楽しくお過ごしくださいね。


    K様 お疲れ様でした。

    http://sanae-design.com/info/$/id/6769/ 収納コンサルティング

  • 7月16日 柏へ収納コンサルティングに伺いました。


    ご夫婦と一歳のお子様の3人家族のW様です。

    お子様が保育園や幼稚園に行くようになるとレインコートやコートを掛けるところがあると便利と

    いうことでシューズクロークにパイプを取り付けるご提案をさせて頂きました。

    高さについてはW様の使い易い少し低めの1200にしてその上に可動棚を設定しました。

    この高さならお子様のレインコート、通園カバン、帽子、傘などが楽に掛けられます。

    長いコートは着ないと仰るW様のジャケットやジャンバーなども掛けられますね。

    そしてリビングつなぎの畳敷洋室のクローゼットは御主人様の仕事用の衣類と

    当面はお子様のオムツや着替え、お昼寝用の布団を収納します。

    ライフスタイルに合わせて収納するものも変わって行く場所ですね。

    しっかり収納場所を決める物と流動的な物のお話をしながら

    ご提案させて頂きました。


    W様 お疲れ様でした。


    http://sanae-design.com/info/$/id/6768/ 収納コンサルティング

<<次の記事 | 次の記事>>

 (株)収納計画が提供しているコンテンツ

最新の記事一覧

カテゴリー

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

<<10月 12月>>