スタッフブログ

<<次の記事 | 次の記事>>

  • 5月27日 松戸へ収納コンサルティングに伺いました。


    H様はご夫婦と1歳の女の子、ご主人様のご両親との二世帯住宅を計画中でいらっしゃいます。
    ご新居の間取りは、お母様がお考えになられたとのことです。
    各部屋の収納が工夫されていて、収めたい家具や物のサイズに合ったご計画をされていました。
    各収納の内容を決める際に奥様は、「収める物を想像して決めていくのは、難しいことなんですね」と

    おっしゃっていました。棚の奥行きや高さ、洋服を掛けるパイプの高さを、展示場内のクローゼットで

    確認していただきながら、細かく決めていきました。
    WICには、お持ちのプラスチック製チェストを入れる予定でいましたが、洋服が多く掛けられることを優先にし、

    パイプ2段のスペースを広めに取りました。
    打ち合わせの間中、ご両親とお孫さんで楽しそうに遊んでいらっしゃいました。
    ご新居でのご家族のだんらんが楽しみですね。素敵なお住まいになりますように。


    H様 お疲れ様でございました。

    http://sanae-design.com/info/$/id/6476/ 収納アシスト・収納診断

  • 5月21日 横須賀へ収納コンサルティングにお伺いしました。


    K様は長年お住まいだったご自宅のお建て替えをご計画です。
    ご新居の収納が足りているのかどうか?がとてもご心配で、ご不安をお持ちのようでしたが、
    お打合せの進んでいたご新居の収納はご心配には及ばない様子。
    特に気にされていたお子様方の成長記録を長年丁寧に残していらしたアルバム類の収納ですが
    現在より奥行を小さくしたスペースに、可動棚をしっかり取入れ、扉を大きくすることで、
    かえって多くの品を、今以上に使いやすく保管出来ることがわかり、収納サンプルで
    その大きさや使い勝手を確認していただくことでようやくご安心された様子でした。


    K様 お時間を頂きありがとうございました。

    http://sanae-design.com/info/$/id/6475/ 収納コンサルティング

  • 5月22日  市原へ収納コンサルティングに伺いました。

    N様はご夫婦と2人の男の子の4人家族です。

    お子様の具合が悪いので、お打ち合わせにはご主人様が参加下さいました。
    きっと家事もお手伝いをされているからでしょうが、ストック品の量も把握されていて

    お話しがスムーズに進みました。洗面には収納が少々不足しておりましたが、

    入口横に設けてあるホール収納を使うと奥行きもあり、

    ストック品やお子様の下着、パジャマなども収納出来る事をご説明させて頂き、

    向きを玄関側から洗面横に変更してより使い易くご提案させて頂きました。

    また、LDには細々した物が集まりますので、それらを使い易くしまいやすいように

    キッチンカウンターの下の空間に造作家具を設ける事をお勧めしました。
    ご主人様のご質問も間取りや収納を考えていてお悩みの部分や、雨の日の洗濯物は

    何処に干すか?などリアルに生活を想定された事ばかりでした。
    素敵な新居での生活が楽しみですね。

    N様 お疲れ様でした。

    http://sanae-design.com/info/$/id/6474/ 収納コンサルティング

  • 5月21日 戸塚へ収納コンサルティングに伺いました。

    2人の息子さんは独立する予定でこれから2人暮らしとなるK様のコンサルでした。
    ご趣味が音楽鑑賞のご主人。CDやレコード、趣味に関する本をたくさんお持ちです。
    リビングにはご主人様の趣味スペースが設けられ、そこには収納やカウンターの机も予定してます。
    収納はある程度ありますが、やはり趣味の物が多いことで掃除機や家事用品を収納する場所を
    どうするか、とご相談を受けました。動線的にも使いやすい収納が必要でした。
    実は洗面所が広めでもあったため、洗面所の収納の配置を変更することで
    ホール側から開けられる収納を設けることができました。
    洗面所の中の収納の場所を移動したことでさらに使い勝手もよくなると思います。
    収納を新たに設けることで別の場所がどのように影響受けるかを考えることも大切です。
    今回は幸いなことに、洗面所の使い勝手が逆によくなり、さらにホールに収納を造ることができ、
    一石二鳥となりました。お気づきになられなかった点についてアドバイズをさせていただき、
    お客様にも大変喜んでいただけました。

    K様 お疲れ様でございました。

    http://sanae-design.com/info/$/id/6473/ 収納コンサルティング

  • 5月26日 館山へ収納コンサルティングに伺いました。


    ご夫婦と二人のお子様(男児10歳、女児5歳)の4人家族と猫ちゃんのお宅のコンサルティングでした。
    現在のお住まいに収納場所が少なく困っていらっしゃることから、新居では収納場所を

    多く取りたいとの思いが反映された間取りになっておりました。
    お子様の立派な五月人形と雛人形をお持ちで、収納場所を迷っておられるとのことでした。

    階段下収納は奥行もあり、キャスター付きの板などに乗せて前後で収納するとよいかもしれませんと

    お話しをさせていただきました。しかし気になる点として、収納内の横幅は80センチ弱ありますが、

    開口部は折れ戸の幅や設置壁がある為60センチ弱となってしまう為、人形が入った箱の幅が

    60センチ以上ある場合は出し入れが困難になります。

    その場合は、和室押入れに収納することをお勧め致しました。しかし押入れに収納予定であった

    来客用布団二組の収納場所が一組分しか取れなくなりますので、圧縮袋を利用して納めることを

    ご提案しました。扉付きの収納は開口部が収納部分の幅より狭くなっていますので、

    出し入れしやすい様に引出しケースや納める物のサイズを確認して収納して下さいね。


    S様 お疲れ様でした。

    http://sanae-design.com/info/$/id/6472/ 収納コンサルティング

  • 5月21日 君津へ収納コンサルティングに伺いました。


    ご夫婦と3人のお嬢様、ワンちゃんの5人+1匹でお住いになるお宅のコンサルティングでした。

    奥様は毎日拭き掃除もするほどのお掃除好きで整理収納面でもしっかり計画性を持っておられました。

    しかしながら、年頃のお嬢様方の洋服や趣味の物などなかなか管理が難しい面もあり、

    加えてお仕事もしているのでなるべく各々率先して片付けられる様にしていきたいとのご意向でした。

    子供部屋はあえて間仕切り壁を入れず、生活スタイルの変化でエリアを変えられるように

    可動式クローゼットを採用してあります。完全個室化にはならないので空間の統制を図るには

    3人のコミュニケーションが大事になってきますし、自分たちでルールを決めキレイな状態を維持するには

    自ずと自己管理力が鍛えられますので今後の変化が楽しみですね。

    また、服をなるべくハンガーに掛けておきたいとのご要望にはWIC内のパイプの一部を2段仕様に変更し、

    他にもワンちゃんのゲージ置場とサイズを確認した上で上部収納スペースの容量、

    使い方をご提案させて頂きました。


     K様、本日はお疲れ様でした。

    http://sanae-design.com/info/$/id/6471/ 収納コンサルティング

  • 5月25日 厚木へ収納コンサルティングに伺いました。

    小学生の息子さんと3人暮らしです。Y様のご新居には通常の靴箱を造る予定がなく、
    靴はすべて、玄関のシューズクロークに収納されることになっています。
    そのため、充実したシューズクロークの計画についてご相談を受けました。
    靴以外にも、レインコートや、お子さんのスポーツ用品の収納、外で使うジョウロや箒、ちりとりも置く場所が
    必要となります。また、奥様のお帽子もたくさんあったり、息子さんの自転車のヘルメットも。
    レインコートは家族の人数分だけでしたのでそれほどスペースは必要ありませんが、
    3人分のコートがかけるぐらいのスペースにハンガーパイプを設置しました。
    下の方にはレインブーツを入れることもできす。
    また、パイプの上にも棚があるため、防災用品を入れるのに良い場所となります。
    靴は、可動式の棚をたくさん設置し、そこへ収納。さらにその横に45センチほどの幅のある棚を5枚ほど設置し、
    サッカーボールや園芸用品など外で使うもの、また、棚の正面にある壁にはハンガーパイプを
    2本取り付けることをご提案しました。下のパイプは1mほどの高さに設置をし、
    傘やほうき、ちりとりなどが吊るせるように、上のパイプは1.7mの高さに設置し、S字フックを使って
    帽子やヘルメットを掛けたり、お買い物袋も吊るして収納できるようにしました。
    その他でも、家全体の様々な収納を効率良く使えるようにご提案をさせていただきました。
    Y様が思われていた以上に収納の大切さがわかり、収納問題も解決ができ、喜んでいただけました。

    Y様 大変お疲れ様でございました。

    http://sanae-design.com/info/$/id/6470/ 収納コンサルティング

  • 5月21日 成田へ収納コンサルティングに伺いました。


    ご夫婦と1歳の男の子の3人のご家族でした。
    奥様はご出産を控え、もう一人ご家族が増えるご予定でした。

    ご主人が片付けや収納にご興味があり、打ち合わせにも熱心に参加して下さいました。

    新しいお住まいは平屋建てで、空間移動が上下になく、横移動で比較的スムーズかと思います。

    リビングダイニングに物が一番多く集まるので、リビング側とダイニング側

    それぞれの部屋で使うものを分別して、それぞれの収納に、優先順位として

    頻繁に使うものから収納されていかれると良いと思います。

    新居での新しいご家族での生活が快適なものとなりますよう、お祈りいたします。


    K 様 お疲れ様でした。

    http://sanae-design.com/info/$/id/6469/ 収納コンサルティング

  • 5月20日、木更津へ収納コンサルティングに伺いました。


    S様ご夫妻はこれからお子様が増えることを想定してご新居を計画中です。
    物をどかしながらのお掃除をしなくて済むようにしたいと仰る奥様。
    物の指定席が無いと色々なカゴや小物が床に並んでしまいがちですね。
    使う場所の近くに収納スペースを確保できると、片付けやすくスッキリするとお話させて頂きました。

    LDKには様々な生活必需品が集まり、書類などの紙類も増えていきます。
    ダイニングの壁にカウンターを設けられていたので、作業に必要な文具や資料、日用品などを収納するために
    高さのある戸棚やカウンター下の引き出しを造り付けにするご提案をさせて頂きました。
    LDKに続く和室には押入れがあるので、保管しておく物やベビー用品、オモチャなどの収納にも活躍しますね。
    お子様の成長に伴い収納する物も変化させながら、簡易な置き家具などを利用して収納スペースを確保しましょう。
    暮らしやすいご新居になりそうですね。

    S様、お疲れ様でした。

    http://sanae-design.com/info/$/id/6468/ 収納コンサルティング

  • 5月14日 柏へ収納コンサルティングにお伺いしました。

    T様ご夫婦は、平屋建てのおうちを計画中です。
    各部屋に、すでに収納スペースが確保されていましたので、
    何を収めるかというお話をさせていただき、
    棚板の枚数を一緒に決めていきました。
    奥様がお洋服をたくさんお持ちということでしたので、
    クローゼットに置く衣装ケースと同じケースをロフトに置き、
    季節外の洋服を入れておき、ケースごと衣替えをしてみては、
    というアドバイスもさせていただきました。
    お二人とも迷いがなく、サクサクと決めていかれたので、
    コンサルの時間が余ってしまうくらいでした。
    リビングの細々とした物と、キッチンの調味料の収納がお困りの様子でしたが、
    新居では解決できそうですね。

    T様、お疲れ様でした。

    http://sanae-design.com/info/$/id/6467/ 収納コンサルティング

<<次の記事 | 次の記事>>

 (株)収納計画が提供しているコンテンツ

最新の記事一覧

カテゴリー

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

<<10月 12月>>