スタッフブログ

<<次の記事 | 次の記事>>

  • 5月28日、君津へ収納コンサルティングにお伺いました。

    U様はご夫婦と5歳、3歳、2歳のお子様の5人家族です。

    現在はご両親様とご同居とのことなので、お持ちの物の量はかなりセーブされているようですが、お洋服やお子様のおもちゃはたくさんお持ちのようです。

    持ち物の量はどれくらいなのかをお伺いしながら、収納スペースに入りきるかを検証していきました。
    足りない部分はどのような家具や収納用品をご購入されると使いやすいか、また、お子様が成長されても使いまわせる収納用品はどの様な物かなど、将来を見据えた収納計画をさせていただきました。

    U様には「空間を上手く使う収納方法が聞けて良かった。」と喜んでいただけました。

    U様、お疲れ様でした。

    http://sanae-design.com/info/$/id/6439/ 収納コンサルティング

  • 5月13日 幕張へ収納コンサルティングに伺いました。


    N様は、1階に店舗と親世帯のある2階建ての二世帯住宅をご計画中です。
    店舗受付は、限られたスペースの中に、パソコン、プリンターやカルテの棚や資料など

    必要な物が収まるようにカウンターや可動棚収納を設置しました。
    2階の間取りについては、デザインを重視しながら、収納スペースを確保出来るようにと、

    ご主人様が色々と間取りや収納の案を考えていらっしゃいました。
    主寝室のWICとホール収納をどの様なバランスで取るか、開口部をどこにするかなどを悩まれていました。

    最大限に活かした収納にするには広さだけでなく、まず何をどれくらい収納する必要があるか、
    アクセスしやすい場所か、内部は使いやすく仕切られているかなどを総合的にみて判断すると
    活きた収納スペースになることをお話しさせて頂きました。キッチンに近いホールにはパントリー、
    掃除機やモップ、工具箱を入れる収納庫を設置、WIC内部はステンバイプと、可動棚のスペースを設けました。
    LDKに面した収納スペースは、インテリア性を考えて建具に合わせた造り付けの本棚にして、見せる収納に
    されました。ご自分のテイストに合わせたデザイン性を保ちながら、収納スペースで生活のしやすい工夫を
    取り入れると、快適なお住まいになると思います。
    細かいところをシミュレーションすることにより、とても安心できたと奥様に仰っていただき、大変嬉しいです。

    N様、お疲れ様でした。

    http://sanae-design.com/info/$/id/6438/ 収納アシスト・収納診断

  • 5月8日  館山へ収納コンサルティングに伺いました。

    O様はご夫婦と1歳の男の子の3人家族です。
    各所に収納を設けてご計画されておりますが、収納の中はオープンになっており、

    仕切棚やラックが必要です。収納される物に合わせて、ラックなどを使われると

    床から天井まで無駄なく収納できますね。
    WICでは、なるべく多く掛けられるように一部のステンパイプを2段にし、

    一部に可動棚を設けてカバンやアクセサリーも置けるようにご提案させて頂きました。
    新居の完成が楽しみですね。

    O様  お疲れ様でした。

    http://sanae-design.com/info/$/id/6437/ 収納コンサルティング

  • 5月12日 柏へ収納コンサルティングに伺いました。


    K様はご夫妻とお父様の3人でお打合せにお越しくださいました。
    色々と普段よりしっかりと管理され、衣替えや季節の生活用品の入替などきめ細かく心配されている奥様、
    このお引越しを機に、家族皆で断捨離をすすめてスッキリさせたい旦那様。
    奥様の手持ちメモにぎっしりと書かれた「ご家族共有のお荷物リスト」がその場で追加されてのご相談でした。
    どのお荷物がどこにあると使いやすいか?戻しやすいか?誰が管理できるのか?などなど、

    一つ一つ検証しながらお話を進めさせて頂きました。
    結果、使う場所の近くに、しまう場所を確保しましょうという基本に基づいて、1・2階のリビングには

    細かい生活用品を納める造作家具をご提案したり、
    「個々のお部屋で使われる季節外家電や、圧縮できる布団類は、お部屋それぞれの収納内に収める」などの

    アドバイスをさせて頂きました。
    今後、二世帯でのお住まいとなると賑やかで楽しい事でしょう。


    K様 長い時間お疲れ様でした。

    http://sanae-design.com/info/$/id/6436/ 収納コンサルティング

  • 5月12日  鹿島へ収納コンサルティングに伺いました。

    O様は7月には男の子が生まれる予定です。

    新居では収納も各所に計画されています。玄関ホールには納戸がありますが、上着やコートもかけられる様に

    一部にステンパイプと掃除機や日用品ストックも置けるように可動の棚を追加する事になりました。

    2階WICでは洋服がたっぷり掛けられるようにステンパイプの一部が2段になっています。

    お聞きした所今お持ちの洋服を全て掛けても、まだ余裕がありそうです。そこで、もう一箇所あるWICを取り止めて、可動の棚にしてバックやアクセサリー、引き出しケースが楽に出し入れ出来るようにご提案させていただきました。

    何処にどんな物を収納すると使いやすいか?普段の生活を伺いながら、収納内部の仕切りを

    ご提案させていただきましたので、新居ではストレスなく生活出来そうですね。
    新居の完成が楽しみです。


    O様  お疲れ様でした。

    http://sanae-design.com/info/$/id/6435/ 収納コンサルティング

  • 5月8日 横浜へ収納コンサルティングに伺いました。


    K様は、ご夫婦と3人のお子様、奥様のお母様と6人のお住まいをご計画中です。
    お話しを伺うと、現在、別々に暮らしていらっしゃるお母様の物もたくさんあるそうで、収納が足りるか

    不安に思っていらっしゃいました。ご計画されている各部屋の収納を検証していきながら、

    お持ちの物に合わせた収納の形をご提案させていただきました。
    特に多いお持ちの物として、ご主人様の洋服、バッグ、靴ということでしたので、

    主寝室横に設けてあるウォークインクローゼットは、ご主人様専用としてお使いになります。

    背の高いご主人様に合わせて、ハンガーパイプの高さや棚を決めていきました。

    ご新居では、すっきり収まるといいですね。奥様は、「持っている物の再確認ができて、

    荷物を見直すいい機会になりそうです」とおっしゃっていました。
    素敵なお住まいになりますように。


    K様 お疲れ様でございました。

    http://sanae-design.com/info/$/id/6434/ 収納コンサルティング

  • 5月8日 柏へ収納コンサルティングに伺いました。

    M様は、70代のご夫婦で平屋のご計画です。
    どの部屋に何を収納するかを、しっかりとイメージされていましたので、
    棚板の高さや使い勝手などをご説明させていただきました。
    お手持ちの家具もたくさんありましたが、
    こちらも、どこに置くかのイメージをお持ちでしたので、
    サイズをお聞きしながら一緒に確認させていただきました。
    ご主人も奥様も、それぞれの趣味に打ち込める素敵なお部屋の完成が楽しみですね。

    M様、お疲れ様でした。

    http://sanae-design.com/info/$/id/6433/ 収納コンサルティング

  • 5月8日 戸塚へ収納コンサルティングに伺いました。

    現在はご夫婦2人暮らしの新婚さんのご新居のコンサルでした。
    まだ2人暮らしでお若いため、物も比較的少ない様子でしたが、今後家族が増えると物も増えます。
    そのため、現在のことだけではなく将来のことも考えながらコンサルを進めました。
    玄関から入ったホールには畳一畳分ほどの広さのコートをかけるクローク収納が予定されていました。
    ホールにはその他に、階段下に収納がありましたが、高さは低いため毎日物を出し入れするのには
    大変かもしれません。そのため、掃除機や家事用品の収納スペースが足りないことが分かりました。
    図面上で見ているとなかなか広さもイメージしにくいので、クロークの広さをメジャーでお見せしましたところ、
    そこまで広くなくても良いことが分かりました。それよりも、掃除用品などを収納できるスペースが
    あったほうが良いとのことで、クロークのクローゼットを半分に分け、片側はコートが入る
    ハンガーパイプを取り付け、もう片方には奥行き30cmの可動式の棚を設置することにしました。
    奥行きのある収納でもあるため、棚を設置してもその手前に掃除機やモップなど、背の高い物も置けます。
    棚には掃除用品や工具類、ガムテープや紐などの梱包用品、家の物を収めることができます。
    家の物が全部一ヶ所にまとまると毎日の家事もとてもやりやすくなります。
    また、階段下の収納には扇風機やヒーターのような季節物を収納スペースとして使うことになりました。
    ただ収納があれば良いのではなく、使い方を考えながら収納を計画していくことでより使いやすくなります。
    収納の考え方についてより理解ができたと嬉しいご感想をいただきました。

    長いお時間大変お疲れ様でございました。

    http://sanae-design.com/info/$/id/6431/ 収納コンサルティング

  • 5月6日 千葉北へ収納コンサルティングに伺いました。


    ご夫婦と二人のお嬢様の4人家族の新築の計画です。
    現在のお住まいに収納場所が少なく困っていらっしゃることから、新居では収納場所を多く取りたいとの

    思いが反映された間取りになっておりました。しかし各収納場所に何をどの位の量収納される予定か

    お聞きすると、特に用途が決まっていない所も多くありました。そこで、まず各収納場所の高さ幅奥行きを、

    メジャーだけでなく室内にある収納や机を用いて大きさを感じていただきました。
    次に入れる予定の物を詳しくお聞きし、その他によく収納される物の例を挙げさせていただくと、

    意外と当初考えていたよりも多くの物があることがわかり、それらをどの様に納めると良いか

    アドバイスをさせていただきました。
    可動棚に関しては、奥行きが深ければ多くの物が載せられますが、浅い方が物の出し入れが

    しやすい場合があることや、中央に壁を設けると棚の高さを左右で変えることが可能になり便利で

    耐荷重も増える等、ちょっとした変更で使い勝手が良くなるご提案をさせていただきました。
    今後お子様の成長やライフスタイルの変化に伴い、収納場所に収める物が増え

    種類も変わってくると思います。時々見直しをされていくと良いでしょう。


    I様 お疲れ様でした。

    http://sanae-design.com/info/$/id/6430/ 収納コンサルティング

  • 5月6日 さいたまへ収納コンサルティングに伺いました。


    O様は、ご夫婦と3歳の男の子の3人ご家族です。また、ご新居はご主人様のご両親との

    二世帯住宅でもあり、1階の廊下で行き来ができる間取りになっています。
    息子様ご夫婦もご両親も、お洋服を沢山お持ちとの事でしたので、ウォークインクローゼットには

    極力デッドスペースが生じない様なご提案をさせて頂きました。
    また、息子様ご世帯に関しては、現在3歳のお子様の成長に従い、モノの種類・量が変化していく事を

    想定した上でのコンサルとなりました。具体的には、小学校入学後には宿題スペースなども

    必要になってきます。また、運動会などの学校行事の際には、椅子やレジャーシートなども

    必要になってくるかもしれません。それらの収納場所も今のうちから計画しておく事で、

    より快適な生活が送れる事でしょう。


    O様、お疲れ様でした。

    http://sanae-design.com/info/$/id/6429/ 収納コンサルティング

<<次の記事 | 次の記事>>

 (株)収納計画が提供しているコンテンツ

最新の記事一覧

カテゴリー

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

<<10月 12月>>