スタッフブログ

<<次の記事 | 次の記事>>

  • 12月25日  ハウスクエア横浜へ収納コンサルティングに伺いました。


    30代ご夫婦とお子様1人(4歳)の3人でスタートするご新居です。

    ご主人様はロードバイク、奥様はガーデニングがご趣味で、玄関クロークにはそのための収納を

    しっかり考えて壁にロードバイク用の下地も入れていらっしゃいました。
    ご趣味に纏わるモノをヒアリングしながら、収納内部の使い方、傘の置き場、

    濡れた雨具やロードバイクの衣類などを掛けるスペースなどを追加しました。

    洗面所では洗濯機の設置場所の特性から、洗濯物の干し方、干す場所まで

    動線を確認して最適な収納場所を検証しました。
    階段下を有効活用した洗濯機スペースなので、思うような収納は確保できませんでしたが、

    一時掛けのパイプを設置することで、奥様の心配も少し解消できたようです。

    2Fのクローゼット内部のパイプの使い方や衣類収納のしかたを確認し、

    奥様の使い勝手に合わせ、実際に衣類を掛けると通行スペースはこのぐらい、と示し、
    「掛ける収納よりも、ショップのように畳んで並べて収納したい」というご希望に、

    クローゼット内に可動棚を用意しました。

    すっきりと暮らしたいというM様、これまでより広くなるご新居で、新しいスタートになりますね。


    M様、お疲れ様でした。

    http://sanae-design.com/info/$/id/6155/ 収納コンサルティング

  • 12月25日  戸塚へ収納コンサルティングに伺いました。


    30代ご夫婦と男の子3人(5歳、3歳、0歳)のご家族のご新居です。

    事前のアンケートに加えて、収納したいものとサイズを細かく書き出してきてくださった奥様。
    「こういうこと、とても苦手なんですけど、新居のために頑張りました!」とおっしゃられていて、

    三人の男の子を育てながらのこの作業は大変でいらしたことでしょう。

    玄関スペースの使い方にとても悩まれていらして、収納も欲しいけれど、

    男の子三人で使用する玄関の上り框スペースは最低W1350mmは確保したいとのこと。
    収納も出来る限りを確保できるように、奥様もいろいろ考えていらしてくださいました。
    和室の押入れスペースを減らしてみたり、壁を増やしてみたり、といろいろ考えましたが、

    やはり奥様が一番いいと考えていらした案に最終的に戻り、ご納得されていらっしゃいました。
    これだけ熟慮されると後悔もないですね!

    洗面所の配置を変更したり、クローゼットの奥行や納戸の使い勝手を

    実際の寸法を見ながら検討し、変更をさせていただきました。
    書き出してくださっていたモノもすべて収める場所が見え、安心されたご様子でした。
    ご主人様もキッチンからすべて家中のモノを把握されていて、家事や育児を一緒に

    頑張っていらっしゃるご夫婦の様子が印象的でした。


    I様、長時間お疲れ様でした。

    http://sanae-design.com/info/$/id/6154/ 収納コンサルティング

  • 1225日  柏の葉へ収納コンサルティングに伺いました。


    S様はご夫婦に男の子のお子様二人の四人家族でした。

    収納コンサルティングにはご夫婦で参加されました。 

    洗濯物を干す作業をする場所など、生活スタイルをお聞きしながら、

    より使いやすいように収納内部のご提案をさせていただきました。 

    また収納家具やクローゼットの中のハンガーパイプや袋棚の位置を

    イメージしやすいように実際にモデルハウス内の家具を見ていただきながら、

    ご提案をさせていただきました。 

    新居完成、楽しみですね。


    S様 お疲れ様でした。

    http://sanae-design.com/info/$/id/6153/ 収納コンサルティング

  • 12月24日 市原へ収納コンサルティングに伺いました。


    お天気に恵まれたクリスマスイヴS様ご夫妻とお子様、三人様でおいで下さりました。

    共通の趣味をお持ちのご夫妻、さらにご主人様は釣りにも凝っており

    道具が沢山で、ご実家にも預けられているとのこと。

    また、すでに大小様々のおもちゃが多くて・・・とコメントされる程、今後ますます増えそうな

    お子様用品の扱いにも、奥様は不安を持たれているご様子です。

    そこで各収納内の大きさ・使い勝手について、戻しやすいモノの位置・納め方などをお話し、

    玄関SCではご主人の釣り用品、お子さまの今後増えるであろう外遊び用品などをわかりやすく納める為、

    可動棚の板の追加をご提案しました。

    一階洋室については、お子様が就寝以外の時間を過ごす場所に…との事から、

    おもちゃやお昼寝用品、着替えやおむつなど、一元管理できるようにするため、また、中棚下には

    押入れ収納ボックスを使って、少しでもたくさん入れられるように中棚の高さをご提案させて頂きました。

    実際に一緒に立って高さの検証をしていただき、奥様がお昼寝用の布団などを上げ下ろしできる

    ぎりぎりまでの高さになったことでお子様の折り畳みバウンサーも難なく収納できるサイズになりました。

    アンケートでは「イメージがつくようになって良かった」と更に嬉しいコメントを下さいました。


    S様、ありがとうございます。お疲れ様でした。


    http://sanae-design.com/info/$/id/6152/ 収納コンサルティング

  • 1224日  市川へ収納コンサルティングに伺いました。


    T様は新婚のご夫婦の二人家族です。

    収納コンサルティングにはご夫婦で参加されました。 

    ご夫婦がお持ちの靴の数が50足とのことでしたので、

    将来お子様が大きくなった場合の靴の量を考え、

    より充実した玄関収納家具をご提案させていただきました。 

    そしてロフトを快適なスペースにするご提案もさせていただきました。 

    より快適な新居になることと思います。楽しみですね。


    T様 長い時間お疲れ様でした。

    http://sanae-design.com/info/$/id/6151/ 収納コンサルティング

  • 12月23日 川崎へ収納コンサルティングに伺いました。

     

    K様は、ご夫婦と2歳の男の子のお住まいをご計画中です。

    奥様は、ご出産を控えていて新居にお引っ越しの際には、4人家族になられているとのことです。

    これから先、お子様の成長に伴い、玄関やリビングダイニングに物が増えていくこと、

    5年後、10年後には、収納したい物が変化していくことをお話しさせていただきました。

    また、日常で使用する物をどの位置に収めたら使いやすいか?洋服を掛けるパイプの高さや

    棚板の奥行き等を決める際に実際にメジャーで寸法を確認していただきました。

    奥様は、「収納のことをこんなに考えた事はなかったです。気にしてみると奥深いですね~。」と

    おっしゃっていました。帰宅後の洋服やカバンの置き場所をどうするか?など、

    現在お困りのことをお聞きして、ご提案させていただきました。

    ご新居でのお子様の成長が楽しみですね。素敵なお住まいになりますように。

     

    K様 お疲れ様でございました。

    http://sanae-design.com/info/$/id/6150/ 収納コンサルティング

  • 12月24日   千葉へ収納コンサルティングに伺いました。

    Y様はご夫婦と3歳の女の子の3人家族です。
    玄関は靴収納を置かずにすっきりさせて、シューズクローゼットをご計画されていました。
    そこで、靴が増えても大丈夫なように棚板に数を増やし、

    壁には上着も掛けられるようにご提案させて頂きました。
    当初、1階には収納スペースが無く、食品ストックや日用品、掃除機などの

    収納をどうやって確保するかお悩みでしたが、勝手口を作りたいという奥様の希望で、

    洗面と浴室の位置を変えることになり、丁度キッチンの近くにタップリの食品ストックが入るスペースと、

    扉の位置を変える事で掃除機や日用品などが入るスペースが出来ました。
    新居の完成が楽しみですね。

    Y様  お疲れ様でした。

    http://sanae-design.com/info/$/id/6149/ 収納コンサルティング

  • 12月23日 浦安へ収納コンサルティングに伺いました。


    ご夫婦と1歳のお嬢さんの3人のご家族でした。

    奥行が80cm程の収納を上部のみ、または下部のみと使われる箇所がいくつかありました。

    奥行が深いので、手前に頻繁に使うものを、奥には使用頻度の低い物や季節家電や季節飾り物などを、

    上部はできるだけ軽いものを、下部はキャスター付ラックなどを利用されると、出し入れがスムーズになるでしょう。

    お子様のご成長とともに、家の中にあるものの種類や量も変化していきます。
    お引越しの時には、常にあるだろうと思われるものと、変化するであろうものを確認し、

    収納場所を決めていかれるとよいかと思います。


    Y様、長いお時間、お打合せお疲れ様でした。


    http://sanae-design.com/info/$/id/6148/ 収納コンサルティング

  • 1223日  さいたまへ収納コンサルティングに伺いました。


    おばあ様、ご両親様、息子様ご夫婦、お子様二人の四世代、七人家族でした。

    収納コンサルティングにはご両親様、息子様家族が参加されました。 

    とても広いお宅でしたので、収納スペースも十分確保されてらっしゃいました。

    可動棚の枚数や奥行きなど置かれるご予定の物をお聞きしながら、決めていきました。 

    にぎやかで楽しい住まいになることと思います。


    新居完成、楽しみですね。


    S様 長い時間お疲れ様でした。

    http://sanae-design.com/info/$/id/6147/ 収納コンサルティング

  • 12月22日 千葉北へ収納コンサルティングに伺いました。

     

    ご夫婦と二人のお嬢様の四人でお住まいになるお宅のコンサルティングでした。

    お嬢様を連れられて奥様がコンサルティングにいらっしゃり、色々とお話を伺いました。

    どの部屋のどこに何を収納するかがきちんと考えられており、しっかり計画がされていらっしゃいました。

    ひとつ気になったところは、キッチンに奥様のパソコンスペース兼お子様の勉強スペースとして

    カウンターが設置されていたのですが、その右端下に引出しと開き戸収納が配置されていることでした。

    引出しを引き出すと人が立つスペースがなく、横に立って物を出し入れしなければならない状況です。

    奥様も承知の上とのことでしたが、収納を左端に設置すると、椅子を置く場所が右にずれて

    作業しにくくなってしまうので、この配置にされたとのことでした。

    そこで、動かすことが出来きるキャスター付きの引出しをご提案させていただきました。

    作業する時は邪魔にならない右端に置くこともできますが、一時的な作業台として椅子のすぐ横に

    置いて利用しても良いかもしれません。物を出し入れする時には便利な場所に移動することも容易で、

    使い勝手が良いと思います。ご検討下さいね。

     

    T様 お疲れ様でした。

    http://sanae-design.com/info/$/id/6146/ 収納コンサルティング

<<次の記事 | 次の記事>>

 (株)収納計画が提供しているコンテンツ

最新の記事一覧

カテゴリー

2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

<<10月 12月>>