スタッフブログ

<<次の記事 | 次の記事>>

  • 11月23日 春日部へ収納コンサルティングに伺いました。


    T様は必要な物しか持たない事に徹底したスタイルでお暮しです。

    引っ越してすぐはおそらく新居の収納庫は十分過ぎるほど足りていると思われますが、

    今後お子さんの成長に伴いどの位持ち物が増えるかによって状況は変化していきます。

    主寝室の話の中で、「奥様が何処で化粧をするか」が話題となり、

    主寝室ではなくダイニングだろう!という事になりました。

    そこで1階のLDKにカウンターを設置し、お化粧は勿論、家事や、お子さんの勉強など

    多目的に使用するスペースとしてご提案させて頂きました。

    カウンターでお子さんと折り紙を折ったり、お化粧したりする日も近いでしょう。


    T様  お疲れ様でした。


    http://sanae-design.com/info/$/id/6041/ 収納コンサルティング

  • 11月23日  柏へ収納コンサルティングに伺いました。


    O様は自分達の生活スタイルをしっかりお持ちです。

    型にはまった物よりも実用的でデザイン性の優れた家具や収納を

    お二人で考えられて計画されていました。

    例えば玄関収納ではなく、長い天然板を2枚設置して良く履く靴を並べたり、

    自転車を壁面にディスプレィしながら収納されるようです。

    洗面室はほかのどの部屋より充実したものを希望されていて

    細かい所までご相談させていただきました。

    新居の完成がとても楽しみです。


    O様 お疲れ様でした。


    http://sanae-design.com/info/$/id/6040/ 収納コンサルティング

  • 11月27日 厚木へ収納コンサルティングに伺いました。

    もうすぐ1歳になる女の子との3人家族のS様のコンサルです。
    S様は、お持ちの家具の寸法や、洋服の量、靴の数などすべて事前にメモして下さった為、
    家具の大きさや持ち物全体の量も把握しやすくスムーズに進みました。
    物が具体的にわかるとより細かく新しい図面に落とし込むことができ、イメージも分かっていただけるので
    とても助かりました。平面図だけではなかなか想像できないお客様も多く、立面で収納スペースを
    簡単にスケッチしながら説明をすることでより分かりやすくなります。
    また、シューズクロークには1.65mほどの幅の可動式の棚が4枚設置される予定となっていましたが、
    真ん中に壁を入れて2つに分けることで左右それぞれ棚板の位置を物に合わせてより細かく調整できることも
    図を描きながらご提案させていただきました。
    片側は下の棚を高めに設置すればベビーカーや傘なども置け、もう片側や下の段にお子さんがもう少し大きくなったら外で遊ぶおもちゃも置けたり、2つに分けることでよりフレクシブルに使えます。
    収納についてのイメージも膨らみました、とS様もご満足されたようです。

    S様 大変お疲れ様でございました。

    http://sanae-design.com/info/$/id/6035/ 収納コンサルティング

  • 11月25日 柏の葉へ収納コンサルティングに伺いました。


    M様はご夫婦での二人暮らし。
    「これから老いても安全に住め、高いところに置かなくても使い勝手がよい収納を」というご希望でした。
    二階に広めの納戸がありましたが、一階には掃除機など
    高さのあるモノをそのまま立てて収納できる場所がありませんでした。
    掃除機は階段下収納に入れるおつもりのようでしたが、立てたままでは入りませんし、
    低くて深いのでとても使いにくく収納量も多くありません。
    将来的に身体への負担もあるので、高さを活かし、収納力もある使い勝手のよい収納を

    つくってはどうかとご提案させていただきました。
    お洋服が多いことを気にされていましたが、効率的な仕切り方と
    衣装ケースの選び方、ウォークインクローゼットに入り切らなくなった時の対処法など
    詳しくお話させていただきました。
    大きな絵を飾ったり、いろいろな物が収まる壁面収納も計画中とのこと。
    新居の出来上がりが楽しみですね。


    M様 長い時間お疲れ様でした。

    http://sanae-design.com/info/$/id/6034/ 収納コンサルティング

  • 11月26日 大宮北へ収納コンサルティングに伺いました。


    I様はご両親と息子さんの三人のご家族です。

    ご自宅の1階の一部をご家族で経営されている会社事務所として使用される予定で、

    ご自宅と玄関は別にし、二ヶ所設けていました。

    事務所の収納は、カタログなど紙の資料が多いとのことで、可動棚の棚板を厚くしました。

    また、ご自宅のキッチンの収納スペースは、お客様の使いやすさやお持ちのキッチン家電の数から、

    トールタイプの食器棚と、オープンカウンター収納の組合せをお勧めしました。

    ある時期だけ置かれるモノや増えていくモノもありますので、常に置かれるモノの収納と

    変化に対応できる収納をお考えになるとよいかと思います。


    I様、お打合せお疲れ様でした。

    http://sanae-design.com/info/$/id/6033/ 収納コンサルティング

  • 11月20日 春日部へ収納コンサルティングに伺いました。


    A様はご夫妻ともお勤めをされていてお忙しくされています。

    その為家事の効率が良くなるようにお話をさせて頂きました。
    出しっ放しにならないように、使ったら元に戻せるように、使う場所の近くに

    収納スペースを確保できるように提案致しました。

    シューズクローゼットやウォークインクローゼットにパイプや棚を増やし、

    物の形にあった収納を取り込みました。
    これからお子さんが家族に加わり、尚一層忙しくなることでしょう。
    ご夫婦のくつろげる時間が出来てご家族で楽しく過ごされる新居が楽しみですね。


    A様 お疲れ様でした。


    http://sanae-design.com/info/$/id/6032/ 収納コンサルティング

  • 1120日 横須賀へ収納コンサルティングに伺いました。


    H様ご夫妻は現在お住いの敷地内に新しく新居をご計画中です。

    1階はご夫妻の居住スペース、2階はそれぞれ独立されたお子様方が家族で

    遊びに来られた時に泊まれるように個室が3室用意されています。

    そこで本日のコンサルには娘さんもご同席下さいました。

    事前にWICと個室のクローゼットの使い方を思案されていると伺っておりましたので、

    今日は更に具体的なイメージや使い方のご希望をお話しいただき、予め用意しておいた

    参考写真を見ていただいたり図面に反映するかたちでプランをご提案させて頂きました。

    パントリー収納下はあえてオープンスペースにして釣り好きなお父様の為に

    魚専用冷蔵庫を置けるようご提案しましたが、そのサイズに拠っては

    お勝手口の動線を塞いでしまうことになるので再度熟考して下さいね。

    お父様が釣った魚をお母様と娘さんが調理して、お孫さんやご家族皆さんが

    和室で大きな座卓を囲む和やかな光景が想像できます。


    H様 お疲れ様でした。


     

     

    http://sanae-design.com/info/$/id/6031/ 収納コンサルティング

  • 11月20日  木更津へ収納コンサルティングに伺いました。


    K様は3月に第1子の出産並びに新築と大きな節目をお迎えになり、生活スタイルが一変いたします。

    とっても楽しみで待ち遠しそうなご夫妻でした。

    これを機会に奥様のお父様、ご主人のご両親そしてご夫妻の3世帯同居をスタート致します。

    核家族が進む中、大変豊かで心温まる部屋造りをされており

    限られた空間を広く使用するためにしっかり収納スペースがプランされてました。

    主に洋服と小屋裏の納戸の管理の方法に質問を多く頂き、クローゼットの仕様の見直しと

    奥の物が取り出しやすい小屋裏の収納方法をご提示させて頂きました。

    奥様のお父様は足が不自由な為、収納の高さをスケールで

    確認しながら負担の少ない納め方を考慮させて頂きました。


    K様 お疲れ様でした。

    http://sanae-design.com/info/$/id/6030/ 収納コンサルティング

  • 11月19日 浦安へ収納コンサルティングに伺いました。

     

    お若いご夫婦のお宅のコンサルティングでした。

    お洋服を沢山お持ちとのことで、寝室横のウォークインクローゼットスペースを広く取られておりました。

    パイプは、ロングコートやワンピース用の1段とシャツやズボン、スカート用の2段が2カ所設置されており、

    十分な収納力でしたが、カバンやファッション小物を置く場所が不足していたので

    パイプの一部を可動棚に変更することをご提案致しました。

    外出する際も帰宅して着替える際も、洋服とカバン、ファッション小物が近くの定位置にあることにより、

    スムーズ且つ片付けやすい仕様となると思います。

    各所に収納する物をイメージした収納家具を配置し、こだわりのある素敵なお宅です。

    新居の完成が待ち遠しいですね。

     

    T様 お疲れ様でした。

    http://sanae-design.com/info/$/id/6029/ 収納コンサルティング

  • 1119日 市原へ収納コンサルティングに伺いました。


    A様は20代共働きのご夫婦です。

    シューズクロークにホール収納、キッチン脇のパントリー、主寝室の一角にあるWIC、他に納戸も計画されて

    いて一見、収納面では問題ないように感じられます。ところが、LDには全く収納スペースが

    確保されていませんでした。

    この空間には日々雑多な物が溢れる場所でもあり、またお子様がお生まれになるとおよそ10年間はお子様関連の物が更に増えます。そこで、想定されるモノをリストアップしたメモを見ていただき、想定家具のボリューム感もイメージし易い様に図面に落とし込みながらコンサルを進めました。

    収納量のあるTVボードや家具を選定することと続き間になっている和室の押入れを生活スタイルの変化に

    応じて有効活用する方法をご提案させていただきました。

    主寝室のWICでは左右でそれぞれのエリア分けをしてハンガーパイプを1本と2本(上下2段)の構成にしました。更に小柄な奥様が背伸びをしてハンガーを掛けなくて済むようにパイプの取り付け高さも調整しました。

    いつの日かご主人様のギターと奥様のピアノ、お子様とでファミリーセッションすることも

    あるのでしょうか?楽しみですね。


     A様、お疲れ様でした。

    http://sanae-design.com/info/$/id/6028/ 収納コンサルティング

<<次の記事 | 次の記事>>

 (株)収納計画が提供しているコンテンツ

最新の記事一覧

カテゴリー

2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

<<10月 12月>>