スタッフブログ

<<次の記事 | 次の記事>>

  • 10月24日  さいたまへ収納コンサルティングに伺いました。


    T様は4歳と生後8か月のお嬢さん2人を含む4人家族です。

    二人のお嬢さんの育児は勿論の事、ご夫婦 .お仕事に忙しくお過ごしです。

    新居は各所に収納が計画されておりとても使いやすそうです。

    日々時間との戦いの為「空間を有効活用し、家事動線に無駄が出ないこと」を求めていらっしゃいました。

    そこで、使用する場所の近くに収納する事や、使用目的に合わせてグループにまとめて保管する事を

    お勧めいたしました。

    まだお嬢さんが小さいうちは共有する事が多いのですが成長に伴いお嬢さん二人も

    所持品が増えていくのでその都度、収納場所の見直しと必要な物の見直しをされると良いかと思います。


    T様  お疲れ様でした。



    http://sanae-design.com/info/$/id/5982/ 収納コンサルティング

  • 10月22日 藤沢へ収納コンサルティングに伺いました。

     

    G様は、ご夫婦に高校生のお子様、ご主人のお母様との2世帯住宅をご計画中です。

    収納コンサルティングには、ご夫婦で参加されました。

    現在のお困りは「日々の生活で買ってきた日用品を置く場所がなく、廊下に置いてしまう」とのことでした。

    新居の1階には、階段下と合わせて3畳程の納戸があります。

    玄関からも近いので、買ってきた物が置きやすく、また家の中心にあるので、

    動線も合わせて使い勝手がよいスペースではないでしょうか。

    納戸の幅と奥行きをメジャーを使って実際に確認していただき、階段下の奥側は、低くなっていくので、

    普段あまり使わない物を置き、キャスター付きのワゴンや収納ケースを使用されることをご提案しました。

    もう片側はお客様のイメージがしっかりされていて、日用品等のストック類が置けるように、奥行きの浅い可動棚を長手に設けることになりました。棚下のスペースは、高さを調整してお米や飲料水等の置き場になります。

    2階のキッチンの横にあるパントリーは、扉がなくオープンで両脇に可動棚があります。

    奥様は、「見えてしまうので、プレッシャーだわ~」とおっしゃっていて、ご主人は、「腕の見せ所じゃないの~」と

    とても微笑ましかったです。

    パントリーは、細かい食品のストックが多いので、棚板の枚数を増やすご提案をしました。

    左右の棚のサイズが同じですので、均等にお使いになったり、片側は、棚板を多く使い、

    細かい物を収めたり工夫して便利にお使いいただけると思います。

     

    G様 長いお時間、大変お疲れ様でございました。

    http://sanae-design.com/info/$/id/5981/ 収納コンサルティング

  • 10月23日  成田へ収納コンサルティングに伺いました。

    M様はご夫婦ともうすぐ1歳になる男の子の3人家族です。
    ご主人様はギターやゴルフ、料理など多趣味でいらっしゃいます。
    奥様もお仕事をされていますが、片付けがお好きで
    散らかっていると気持ちが悪いそうです。
    新居での収納の計画も勿論、キチンと何処に何を収納するか

    予め決めていらっしゃいましたので、さらに使いやすくて

    効率の良い収納になるよう細かくお聞きしてご提案させて頂きました。
    新居での生活が楽しみですね。

    M様  お疲れ様でした。


    http://sanae-design.com/info/$/id/5980/ 収納コンサルティング

  • 10月23日 横須賀へ収納コンサルティングに伺いました。


    S様ご夫妻は3人の息子さんと複数のワンちゃん達、ネコちゃん達、ウサちゃん、金魚etc.の大家族です。
    玄関横には広いシューズクロークがあり、テニスのラケットやビーチグッズを置く棚や

    ジャケット用のステンパイブを設置し、お散歩帰りのワンちゃん達がペット部屋に、

    反対側はホールに上がれるようになっています。
    お買い物の仕方を伺うと、やはりまとめ買いをされるという事で、ストック置き場が必要と判明。
    1階の収納庫は階段下を利用した収納庫のみでした。
    そこで、シューズクロークの1面は、ホール側から使える1間分の収納庫にする事をご提案させて頂きました。
    ペーパー類やドリンクのストック、家の書類や取説、工具などの収納場所ができ、

    すぐ向かいの洗面所に入りきらない物の待機場所としても便利です。
    奥様がビーズアクセサリーのお教室準備中という事で、お部屋を用意されています。

    見せる収納にしたいという事で、ご自分のテイストに合った家具をコーディネートして置かれる事になりました。
    客観的に見てもらう事によって、自分たちでは考え付かない収納に必要なスペースが

    分かって良かったとコメント頂き大変嬉しいです。
    優しい旦那様と明るい奥様、そして沢山のペット達で賑やかな邸宅になる事でしょう。


    S様、長い時間お疲れ様でした。

    http://sanae-design.com/info/$/id/5979/ 収納コンサルティング

  • 10月23日 君津へ収納コンサルティングに伺いました。


    ご夫婦お二人と猫ちゃん一匹のご家族でした。

    キッチンの収納スペースに、約1.8mのコの字型の食器棚を

    ご検討されていて、お持ちの食器とキッチン家電の量の兼ね合いから、

    隣の半間分(約0.8m)の収納スペースをオープンカウンターに変更し、

    そこをキッチン家電スペースとしました。

    ある時期だけ置かれるモノや増えていくモノもありますので、

    常に置かれるモノの収納と変化に対応できる収納をお考えになるとよいかと思います。


    S様、お打合せお疲れ様でした。

    http://sanae-design.com/info/$/id/5978/ 収納コンサルティング

  • 10月23日、土浦へ収納コンサルにうかがいました。


    T様邸はご夫婦と奥様のご両親、妹さんの大人5人にペットのワンちゃんのいるお宅。
    暮らし方のイメージから、だいたいどんなものをどこに置くか考えられていました。
    迷われたのは洗面所の収納です。
    家族が多く、洗濯物やタオル、シャンプー類の種類や量が多いこと、
    若夫婦と親世帯で洗濯機をどのように使うか洗濯干しは誰がいつやるのかなどから
    どんな収納家具や用品があると便利で場所を有効に使えるか、じっくり話し合いました。
    それによって、大きな洗濯かごを用意していただき、収納スペースにはかごを置かず、

    ストック品をたくさん収納できる家具を設置することに。洗濯については各家庭でこだわりがあるところ。
    そこまで考えていなかったということで、具体的に暮らしをシミュレーションしていただき、
    T様邸に最適な収納設計となりました。
    気さくなお母様を中心に、終始和やかにお話は進められました。
    将来お子さん(お孫さん)が生まれたら、ますますにぎやかで楽しいT様邸になりそうです。


    長い時間お疲れ様でした。

    http://sanae-design.com/info/$/id/5976/ 収納コンサルティング

  • 10月23日  君津へ収納コンサルティングに伺いました。


    30代のご夫婦とお子様2人(4歳、0歳)の4人で暮らすご新居です。

    各収納場所に納まるもの、生活動線を確認しながら進めていきます。
    1Fの御手洗いに収納が確保できないとのことで、営業の方と一緒に収納量のある

    手洗いボール付カウンターを検討、洗面所周りの収納も毎日使う洗剤の置き場を作り、

    収納場所には可動棚を設置しました。

    また、キッチンではゴミ分別を把握しながらゴミ箱のサイズや量を検討したり、などと

    生活に密着した視点で新しい住まいを見つめていくことができる時間でした。
    モノや書類などが溢れがちなリビングには、造作家具を検討し、窓との兼合いや

    細かな仕様を考えながら設置することになりました。

    1Fに設計されている「大型収納スペース」はあまり物を多く置きすぎないように、

    しばらくはお兄ちゃんの秘密基地となる様子でした。
    全般的に男の子は、秘密基地のような籠る場所があると嬉しいようです。
    今はまだ遊び場所にしておけば、将来的にモノが増えてもその収納場所を確保できますね。

    ご夫婦のクローゼットにはこれまでよりも掛ける衣類を増やす方向で、両側にあるクローゼットの

    片側を2段パイプにするように変更をいたしました。
    ご主人様の仕事着は1Fの和室に一部プラッスチックケースにたたんで置くことになり一安心。
    毎日使用する頻度の高いものは、出来る限り動線を少なくできると億劫にならなくていいですね。
    終わられてからご主人さまが、「1日に何件コンサルティングをされるのですか?これは大変ですね~」と

    おっしゃられていらしたことが印象的でした。


    E様、長時間のお打合せお疲れ様でした。

    http://sanae-design.com/info/$/id/5975/ 収納コンサルティング

  • 10月22日 戸塚へ収納コンサルティングに伺いました。

    I様は来週にも2人目のお子様の出産を控えていらっしゃる中、2歳になるお嬢ちゃまと
    3人で収納コンサルにいらして下さいました。
    現在のお住まいではダイニングに収納がなく、必要なものを別の場所に取りに行き、
    そのまま置きっぱなしになるとお悩みです。
    ご主人様が収納スペースの位置や内部についても色々とお考えになり、図面にきちんと反映されています。
    ご新居には、ダイニングテーブル以外でお勉強や作業ができるように長いカウンターを設置され、
    下部にはキャスター付きの引き出しを2つ用意されています。
    キッチンカウンターの下にも収納を設けたので、細かい文具や書類なども収めることができます。
    リビングに収納庫はありませんが、将来的にご実家にある大きくて立派なソファーセットを
    置くかもしれないことを想定してあえて作り付けの家具は置かず、お子様のおもちゃやベビー用品などは
    置き家具で対応することにされました。
    キッチンの奥に広いパントリースペースを設けられているので、たいていのストック品は収まりそうです。
    洗面所にも近いので、下着や洗剤のストックも置けます。
    食品のストックには30センチの奥行きの棚が使いやすいのでお勧めしました。
    場所にあった収納方法がわかり、具体的にイメージを持つことができたとコメント頂き、大変嬉しいです。
    これから10年20年と住んでいかれるご新居では、お子様の成長に伴って居住空間と
    収納空間の使い方を変化させながら有効活用されることでしょう。

    I様、お疲れ様でした。

    http://sanae-design.com/info/$/id/5974/ 収納コンサルティング

  • 10月22日 幕張へ収納コンサルティングに伺いました。

     

    O様はお母様と息子様ご夫婦がお住まいになる二世帯住宅でした。

    お母様は残念ながらコンサルティングにお越しになりませんでしたが、

    代わりに息子様ご夫婦がお母様のお住まい部分に関しても、一生懸命お考え下さいました。

    洋服やDVDソフトなどを沢山お持ちとのことで、寝室のクローゼット収納のひとつを

    パイプ1段から2段に変更して洋服の収納量を増やし、リビングのAV収納を新たに設置して、

    物が部屋にあふれないように配慮しました。

    但し、AV収納のトールキャビネットは種類が豊富で左右どちらに設置するかなど、

    細かく決めなければならないこともありますので、そこはお母様に確認が必要となりました。

    息子様ご夫婦はまだお二人の生活ですが、将来の子様部屋を2部屋準備されていて

    ホールに設置したカウンターを将来の勉強机にされる予定と具体的にイメージができていらっしゃいました。

    リビングに直結したホールに勉強机があることで、親の目も行き届きやすく、且つ寛ぎの場であるリビングに

    お子様の勉強道具が散乱せずにすむ、とても良い案だと感じました。

    なお、お子様が更に成長して自分の部屋で勉強したいという希望があった場合でも、

    子供部屋に勉強机を置くスペースは確保できていますので安心です。

    洗面所には、奥様のこだわりで洗面ボールが大きな洗面台を設置予定ですが、タオルの収納場所、

    脱衣かご置き場、洗濯用ハンガー置き場などが少々不足しているようでした。

    そこで同席された営業T氏の助言で、扉位置の変更や隣接している収納の半分とバルコニーの一部を

    取り込むことにより、洗濯機置き場の場所を移動し、収納スペースを生み出すことが出来ました。

    また、現在洗濯物を2つに分けているとのことでしたので、タオル収納も可能な脱衣かごタイプの収納を

    2つ新たに設置することにしました。そして1階のお母様世帯と同じ室内用の物干しバーを設置し、

    洗濯ハンガーを掛けて収納することが出来るようにしました。

    今後ご家族が増えるに伴い物も増えていきますので、定期的に持ち物を見直して

    心地よいお住まいを維持してくださいね。


    O様 お疲れ様でした。

     

    http://sanae-design.com/info/$/id/5973/ 収納コンサルティング

  • 10月22日 大宮へ収納コンサルティングに伺いしました。

    今回は2人暮らしのS様のコンサルでした。
    2階の主寝室には広めのウォークインクローゼットが計画されています。
    現在お持ちのお洋服の量を伺い、十分かけるスペースもあるようでしたが、
    お持ちの大きなタンスを入れるスペースをどうされるかが問題になりました。
    S様のご要望では、ウォークインの入り口の壁沿いに設置することでしたが、
    そうしますと通路が30cmほどしか残らないことになってしまいます。
    いろいろと検証をしました結果、入り口の横のハンガーパイプの長さを45cmほど減らし、
    入り口を広げることになりました。もともとハンガーパイプはかなり余裕があったため、
    幸いなことに少し短くしても特にお困りにならないこともあり、このような工夫が可能となりました。
    また、ウォークインクローゼットの横には、廊下のような通路があり、とくに使用目的がなかったのですが
    このようなデッドスペースは物をどんどん置いてしまう危険性もあるため、通路の突き当たりに収納を作りました。
    奥行きが80cmほどある、押入れの形をした中棚と袋棚のついた収納で、季節外の掛け布団やシーツ関係、
    また、思い出のものも入れられる場所ができました。
    お客様のニーズに合わせたコンサルができ、喜ばれていたようです。

    S様 大変お疲れ様でございました。

    http://sanae-design.com/info/$/id/5977/ 収納コンサルティング

<<次の記事 | 次の記事>>

 (株)収納計画が提供しているコンテンツ

最新の記事一覧

カテゴリー

2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

<<10月 12月>>