スタッフブログ

<<次の記事 | 次の記事>>

  • 3月26日 柏の葉に収納コンサルティングに伺いました。

     中学生のお子様とワンちゃんがいるH様です。
    1階に各居室、2階にLDKがあります。
    おしゃれな奥様のこだわりが細部まで感じられる素敵なお住まいのプランです。
    でも検証していくとリビングの収納がやや少ないようです。
    そこで吊戸棚をつける予定のところには2個重ねてつけることで容量をふやし
    必要と思われる収納量を確保していきます。
    いかにも物入れ、というのが気になる方は少しおしゃれな配列にするだけでも
    見え方が変わってきます。
    H様のセンスで素敵なお住まいが出来そうで楽しみです。

    お疲れ様でございました。

    http://sanae-design.com/info/$/id/5575/ 収納コンサルティング

  • 3月24日 つくばに収納コンサルティングに伺いました。


     奥様が急用でお越しになれず御主人様だけのコンサルとなりました。
    片付けや収納は奥様にお任せの御主人様ですが今日は普段どのようにしてたか
    また、奥様が困っていたこと、言われたことなどを思い出しながら一緒に検証していきます。
     細かな部分はやはり奥様とご相談の上決定していただくようにご提案させて頂きました。
    そして御主人様の書斎ではどんな本や書類を収納するかで棚や形状が変わる事を
    説明すると、改めてご納得頂き本棚と可動棚を併用するプランでご提案させて頂きました。
    収納はよくわからないと仰っていた御主人様ですが興味を持って頂き
    気がつけば2時間30分に及んでいました。

    長い時間お疲れ様でした。

    http://sanae-design.com/info/$/id/5574/ 収納コンサルティング

  • 3月25日 千葉に収納コンサルティングに伺いました。


     落ち着いた雰囲気のご夫婦とご高齢のお母様とネコが1匹のご家族です。
    片付けがお好きという奥様は家具や家電のサイズを一覧表にしてお持ちにくださいました。
    それを元に配置して距離感を確認したり、棚板の奥行を決めたりしていきます。
     お母様の部屋、御主人様の部屋、社会人のお嬢様が帰宅された時の

    部屋を使い易く検証していきます。
    そして奥様は長年活動されている音訳のボランティアを

    自室で作業するための机、ベット、ドレッサーを配置すると

    クローゼットとの距離が狭くなってしまいました。

    でも、並びかたを変えたくないので狭いのは我慢します、と

    諦めていらしたので、クローゼットの奥行の変更をお勧めしました。
    もちろん変更可能を確認してのことでしたが、

    奥様は不可能と思っていらしたのでとても喜んで頂きました。
     T様の奥様のように、例えば押入れやクローゼットの奥行は決まっていると思っている方は
    結構いらっしゃいます。
    お持ちの物やライフスタイルに合わせて収納をお考えくださいね。
    安心されたT様のご様子にこちらも嬉しくなりました。
    居心地のいいお住まいになるといいですね。

    長い時間お疲れ様でした。

    http://sanae-design.com/info/$/id/5573/ 収納コンサルティング

  • 3月21日 柏の葉に収納コンサルティングに伺いました。

     小学生のお子様2人とご夫婦の4人家族です。
    低学年のうちはリビングで宿題や勉強をすることが多いので

    一画にカウンターが設置してあり、2人が並んでも余裕の長さです。
    学用品やランドセルの置場も確保します。
    所定の位置を決めてあげると片付けやすいですね。
    そして奥様は展示場にあるクローゼットの中の仕様で、

    ステンパイプの後ろに可動棚があるタイプはとても実用的でいいと気に入ってくださり、

    取り入れたプランに変更です。
    片付け易い住居で楽しい生活をお過ごしくださいね。

    A様お疲れ様でした。

    http://sanae-design.com/info/$/id/5572/ 収納コンサルティング

  • 3月25日 千葉北へ収納コンサルティングにお伺いしました。


     ご主人様の実家を建て替えて同居され5人での生活になるH様は

    お母様と奥様、3歳のお嬢様とご一緒にお越しいただきました。

     キッチンにはパントリースペースがしっかり取られており、

    食品ストックも一度に沢山購入しても安心です。
    お母様が作られる梅酒や梅ジュース、らっきょう等も保管出来ますね。
      WICではカバンやアクセサリー等が置ける様に一部パイプの下に可動棚を設置、

    パイプハンガーを2段にする事でかける服の収納量を増やす事をお勧めさせて頂きました。
     お母様の部屋ではタンスがないので、クローゼットの一部のパイプの高さを下げて、

    上部には可動棚を設けて引き出しを置き、屈まないで取り出せる様にお勧めさせて頂きました。
    新居の出来上がりが楽しみですね。


    H様お疲れ様でした。

    http://sanae-design.com/info/$/id/5571/ 収納コンサルティング

  • 3月25日  幕張へ収納コンサルティングにお伺いしました。


     S様は現在油絵やギターが趣味のご主人様とフラダンスを楽しまれる奥様の2人暮らしです。
    これから家族が増えたり、勿論モノも増えていく事を想定してお話しさせて頂きました。
     1階には掘りごたつのある畳コーナーの裏に納戸を設け、

    ファミリークロークも設けたゆとりのある作りです。

    キッチン横にあるファミリークロークは洋服を置いてもいいですし、

    子供の遊び場も兼ねたキッズルームにもなります。

    可変性を持たせて作りつけずにお使いになる事をお勧めさせて頂きました。

     「動線を考えて提案していただけた。」「収納しきれていないモノの行き場がきまった。」と

    ご感想をいただけました。


    S様お疲れ様でした。

    http://sanae-design.com/info/$/id/5570/ 収納コンサルティング

  • 3月24日 船橋へ収納コンサルティングにお伺いしました。


     ご夫婦とスポーツが得意な社会人のご子息の3人での新居になるH様は

    ご主人様の趣味は書道です。

    普通の書ではなく、刻字というアートのような書で昨年は上野に展示されたそうです。
     今お住まいの間取りより1階は狭く、2階は広くなります。
    一番の問題はLDKにお持ちのダイニングテーブルとソファーが全部置く事が出来ない事です。

    和室を少し狭くするか、ソファーを5人掛けから3人掛けに変えるか、大変悩まれましたが、

    ダイニングテーブルを無くして5人掛けのソファーで大きなテーブルを囲み

    食事も取る兼用の使い方で解決出来ました。

     掃除機やティッシュストック等を収納する場所も不足していましたが、

    階段下のトイレ横を収納にする事を提案させて頂きました。

     増えた2階の1部屋は第二のリビングとしても、

    ご主人様の刻字の作業部屋としても使えます。

    楽しく生活されるお姿が目に浮かびますね。


    H様お疲れ様でした。

    http://sanae-design.com/info/$/id/5569/ 収納コンサルティング

  • 3月21日  厚木へ収納コンサルティングにお伺いしました。


     2世帯同居のS様は1階が親世帯で3年後位に娘様世帯と同居になる予定です。
    お持ちの家具を配置してどこにどのようなモノを置くと生活し易いか

    シュミレーションしていきました。
     2階にもキッチンがあり、今お持ちの家具を配置すると

    食品ストックを収納するスペースが足りない事がわかりましたが

    階段すぐの収納をパントリーの様に使う事で解消できました。

    これから楽しい時間が過ごせそうですね。


    S様お疲れ様でした。

    http://sanae-design.com/info/$/id/5568/ 収納コンサルティング

  • 3月20日、藤沢へ収納コンサルティングに伺いました。

    ご夫婦の2人暮らしです。
    婚礼タンスや、昔から使われていた大切な家具をたくさんお持ちでご新居でもこれから大切に使い続けたいとのご希望で、今回、1階の主寝室に隣接している納戸や、2階の洋室や納戸にどのように入れられるか一緒に検証しました。
    全ての家具の寸法も測っていてくださったため、サイズに合わせて色紙を切り、パズルのように様々な配置や並べ方を試してみて、最終的な置き場所を決めていきました。
    新しいお家を建てる前の段階で、とくに大きな家具は事前にどのように使われるかによってどこ置かれたいか計画することで後から「入らない」や、「使い辛い」、ということも防ぐことができ、より快適な暮らしにつながります。
    今回のお客様にとってもコンサル前に少しご不安だった家具の配置もより具体的に決めることができご安心されたようです。
    長いお時間お疲れ様でございました。

    http://sanae-design.com/info/$/id/5557/ 収納コンサルティング

  • 3月20日、戸塚へ収納コンサルティングに伺いました。

    ご夫婦と1歳の女の子の3人暮らしのT様のコンサルティングでした。

    共働きなため、食品や日用品のまとめ買いが多いT様は広めのパントリーのほかにも、トイレットペーパーやティッシュ、洗剤のような食品以外のストックを入れられる広い収納を計画されています。

    その広い収納は、ストック以外にも、掃除機やお掃除用品、工具箱や紐、ガムテープなどのお家で使う家事用品、紙袋なども入れられるスペースですが、ストックや家事用品など、いろいろなものが混ざってしまうと収集つかなくなってしまうのでは、とご心配されていたご主人でした。

    L字に棚が設けられているため、そのうちの入り口に近い手前側の部分を家事用品専用スペースとして、そして奥の方にストック品を置けばメリハリのある使い方ができることを説明しました。いろいろな物が一つの空間を共有する場合には目的別に丁寧に分けて収納することで何がどこにあるかもわかりやすくなり、出し入れも楽になります。

    具体的な収納の計画ができ、T様もご安心された様子でした。

    長いお時間、大変お疲れ様でございました。

    http://sanae-design.com/info/$/id/5556/ 収納コンサルティング

<<次の記事 | 次の記事>>

 (株)収納計画が提供しているコンテンツ

最新の記事一覧

カテゴリー

2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

<<10月 12月>>