スタッフブログ

  • 行かせていただいたお客様の中で、キッチン収納に困られている方が多く、
    狭い、使いにくい、床に物が置いてある・・・など、様々なお悩みがあります。
    よく床に置いてあるのはビールなどの箱もの、野菜、ペットボトルなど・・・
    物があふれ、キッチン収納がいっぱいになり、床の上に置いてしまう傾向にあるようです。

    作業台の上や足元の物を避けながらの作業はストレスが溜まります。
    まして、女性は忙しいのです。
    仕事をもたれていたり、子育てをしていたり、介護をしたり・・・
    妻として、母として、嫁として、PTA、地域の役割や女性として・・・
    色々な側面を駆使しています。
    その中で、キッチンにいる時間を短縮するためには、キッチン収納をしっかりして快適にすることで効率も上がり、キッチンにいると安らげる空間であると、女性の笑顔は華やぎます。
    自分流でしていたキッチン収納を、私たちがご自身の生活スタイルやキッチンの形状に合うキッチン収納をご提案することで、ご自分らしいキッチン収納を探してみてはいかがでしょうか?

    http://sanae-design.com/info/$/id/4766/ 収納アシスト・収納診断

  • おもちゃが床に散乱し、その状況にイライラしてしまう!というお住まいは多いと思います。

    お子様が「おもちゃを片づけられない!」と困っていても、実はおもちゃの収納方法に問題があるのかもしれません。

    成長に応じてどんどんおもちゃが増え、十分用意したと思っていたおもちゃ箱もあっという間にいっぱい…

    増え続けるおもちゃをどう収納したらいいのでしょうか。

     

    まず、片づけやすいおもちゃの収納は、あまり作りこまずお子様の成長に合わせて柔軟に変更できることが大切です。

    そして、一度場所を決めたらそれで終わり、ではなくお子様の身体や興味の変化に合わせて収納の高さや収納方法を変えてあげることです。変化するお子様の成長に合わせて、取り出しやすく片づけやすいおもちゃ収納を作ることを心がけましょう。

     

    おもちゃというのはどんどん増えていくものですね。

    処分しようとしてお子様に確認しても、かなりの確率で「まだ遊ぶ!」と言われてしまうと思います。

    幼児期のおもちゃ収納であれば、大きめのおもちゃ箱を用意しそこにおもちゃを片づけるようにしてみて下さい。使用頻度によってあまり遊ばないおもちゃは下の方にたまってくるので、おもちゃを整理する基準になることもあります。

     

    また、収納スペースに余裕があるとお子様でも片付けがしやすいです。収納場所を増やしてあげたり、こっそり遊んでないおもちゃを取り除くなどして、お子様が片付けをしやすい環境を作ってあげましょう。

     

    AZ

    http://sanae-design.com/info/$/id/4765/ 収納アシスト・収納診断

 (株)収納計画が提供しているコンテンツ

最新の記事一覧

カテゴリー

2013年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<<10月 12月>>