新築・マンションの収納診断プログラムのご案内

収納に”一般的”はありません。
各ご家庭の持ち物・ライフスタイルに合わせた収納プランで”片付く家”を実現します。

建ててからでは遅いのです

*収納に悩み始めるのはいつ?
新築を建てるとき、リフォームをするとき、マンションを購入するとき、今度こそは片付く暮らしにしたい! と思う人は多いはずです。
しかし、図面をみても収納が多いのか少ないのか、我が家の物が全部入るのか、入らないのか悩むところではないでしょうか。
これまで多くの片付かない住まいに出向きましたが、ご依頼をいただく方に多いのが、引越し後5年前後なのです。

*収納が悩みになってしまう原因とは?
新築、リフォーム後、5年前後で既に片付かなくなる住まいが多いのは驚きではないですか? 
それは何故かと言うと、最初の収納計画の甘さが原因なのです。
新築やリフォーム時の収納計画ですが、どうしても居住空間を優先してしまい収納空間は物を捨てればなんとかなるだろうと思ってしまうのです。
実際は物を処分して一旦は無理やり収納してみるのですが、子供の成長に伴う物の増加やライフスタイルによる物の変化などで、結果数年後に片付かなくなってしまうのです。

*大切なのは自分の家を見つめ直すこと
最初に我が家が持っている物は平均より多いのか少ないのかを把握することが、新しい暮らしに移行するための第1歩になります。
人間の体に例えると、それぞれサイズはみなさん異なります。洋服を買う時は大体合うサイズの服を試着してみますが、袖丈が長かったり短かったり、又下のサイズが合わない場合は、お直しに出して自分のサイズに合わせます。
洋服の場合はわりと簡単に直す事ができますが、住まいの場合はそうはいきません。
ご自分の家は平均より多いと思いますか?それとも少ないと思いますか?
他の家と比べる事が無いので、きっとわからないのではないでしょうか。
我が家の物の量を客観的に把握することが、住まい造りはとても重要になってくるのです。
その結果を踏まえた上で、多いのであれば減らすのか、それとも収納空間を広く取るのかを選択することをしなくてはいけないのです。

*私たちにできること
私達はたくさんの住まい造りに携わってきた経験から、
お客様の現状のライフスタイルから未来の物の増加を数字分析と経験から読み説くことができます。

「片付く暮らしかどうかは住み始めて初めてわかる」とよくお聞きしますが、それは間違えで、暮らす前からわかるのです。
間取りを考える時や引越する前に、ちゃんとした収納分析をしないから、住み始めて「片付かない!」と思うのです。

そんな後悔をしない為にも、始めに収納診断をすることをお勧めします。

写真2

写真3

写真1

(株)収納計画の収納診断は<顧客満足度100%>

収納診断プログラムの流れ

収納診断書

収納診断書イメージ
  • 訪問

    矢印

    STEP1
    現在のお住まいに訪問します
       ・暮らしを拝見
       ・持ち物を拝見
  • 診断書作成

    矢印

    STEP2
    収納診断書を作成します
  • ご説明

    STEP3
    収納診断書を基にご説明にお伺いします
  • オプション

    オプションプログラム
    ・収納家具の製作をします
    ・引っ越し後のお片付けをお手伝いします
    ・廃棄処分の手配をします

収納診断Q&A

Q. うちの物は全部入るの?
  どこに何を置いたら便利?
A. 一般的な収納に物を充て込むのは至難の業です。
  それぞれのご家庭の家族構成やライフスタイルで物の数は大きく違います。
  各ご家庭に合った家具と物のレイアウトをご提案します。
Q. 小さい子供がいるのですがこれからどのくらい物は増えるの?
A. お子様の成長に合わせ10年、20年後を予想して収納プランを立てます。
Q. どんな収納方法が便利?
  どんな家具や用品を選べばいいの?
A. ライフスタイルや生活動線に合った収納方法や使いやすい家具・用品をご提案します。

写真6

写真4

写真5


image03