スタッフブログ

<<次の記事 | 次の記事>>

  • 11月26日  練馬に収納コンサルティングに伺いました。


    二世帯住宅でご計画中のN様です。
    一階にはお母様とそのお姉様、二階にはまだ小さな男の子と女の子のお子様がいる若夫婦です。
    一階のキッチンはあまりスペースがなく食器棚やゴミ箱をどのように配置したらいいのかお悩みでした。
    お持ちになる予定の家電ラックや冷蔵庫を配置して確認して、どちらかに寄せるとゴミ箱が置けそうなスペースができました。また、足元の不安定なお母様の移動の支えになるような配置でローボードタイプの食器棚を

    お勧めしました。そして無理のない高さにパイプも調整してお二人に使いやすい収納となりました。
    安全で安心して過ごせるといいですね。そして若夫婦の世帯は動線が楽で効率の良い収納を目指して

    検証していきます。お子様が小さい時に必要な物、将来的に必要な物など具体的にお話ししながら、

    例えば少し不足気味になりそうな時の対応の仕方などを含めてご提案させて頂きました。
    楽しい新居の完成が待ち遠しいN様です。


    N様、お疲れ様でした。

    記事詳細へ

  • 9月18日 幕張へ収納コンサルティングに伺いました。


    ご夫婦と1歳のお子様の三人家族のお宅のご計画でした。
    現在のお宅のキッチンで収納不足ゆえの不便な点をしっかり認識されており、使用されている家電の

    種類やサイズ、作り付け収納や食器棚のサイズ等の資料を写真付きで提出して下さいました。
    新居の収納では、常に出しておきたい家電(炊飯器、オーブンレンジ、トースター、電気ポット)はキッチンシンク

    背面カウンターの上に全て置くことが出来ます。調理用具やカトラリー、調味料などはキッチンシンク側の収納に

    納まりそうです。大好きで今後増やしたいとお考えの食器類もカウンター下の引出し収納に納まりそうです。

    ご夫婦共に背がお高いので、吊戸棚も有効に活用されることと思います。
    ゴミ箱の収納場所は、キッチンからリビングの通路を挟む場所に計画されていましたので、使用頻度の高い

    可燃ゴミだけでもキッチン内に置かれると使い勝手が良いのではとお話しさせていただきました。

    幸いシンクとカウンターの間が広いキッチンですので、壁際に市販のゴミ箱を置いても問題なさそうです。

    サイズを確認して購入してくださいね。


    W様 お疲れ様でした。

    記事詳細へ

  • 7月2日 横浜へ収納コンサルティングに伺いました。

    男の子と女の子のいらっしゃる4人家族のK様です。
    また、わんちゃんやウサギといったペットもいるご家族です。
    ダイニングの近くの壁沿いがL字に収納とカウンターが予定されていました。
    収納には可動式の棚が入り、たくさんあるペット用品を入れる場所として使われます。
    そしてその横からL字に広がるカウンターがあるスペースをどのように使うのが良いかご相談を受けました。
    カウンターの一部は、座れるように下を開けておくことをご提案。
    ただ、それほど座るスペースが必要がないとのことでしたので、ほんの一部をそのようにし、
    残りは収納を下に入れることをご提案させていただきました。
    ここではお子さん達がお勉強をしたり、ダイニングのテーブルで書類を見たりされるため、家の書類や
    郵便物、学校からのプリントなどが収納できる、扉付きのキャビネットや、文房具や
    爪切り、電池のような小物も収納できる引き出しもあると良いスペースです。
    どのようなものがどのぐらいの量をあるか伺いながら引き出しにする部分と棚にする部分を
    一緒に決めていきました。作り付けの収納なため、部屋全体との統一感もありすっきり見えます。
    最初は図面上ではなかなか容量を把握できなかったようですが、よりイメージができるようになり、
    K様にも満足いただけたようです。

    K様 大変お疲れ様でございました。

    記事詳細へ

  • 5月27日 松戸へ収納コンサルティングに伺いました。


    H様はご夫婦と1歳の女の子、ご主人様のご両親との二世帯住宅を計画中でいらっしゃいます。
    ご新居の間取りは、お母様がお考えになられたとのことです。
    各部屋の収納が工夫されていて、収めたい家具や物のサイズに合ったご計画をされていました。
    各収納の内容を決める際に奥様は、「収める物を想像して決めていくのは、難しいことなんですね」と

    おっしゃっていました。棚の奥行きや高さ、洋服を掛けるパイプの高さを、展示場内のクローゼットで

    確認していただきながら、細かく決めていきました。
    WICには、お持ちのプラスチック製チェストを入れる予定でいましたが、洋服が多く掛けられることを優先にし、

    パイプ2段のスペースを広めに取りました。
    打ち合わせの間中、ご両親とお孫さんで楽しそうに遊んでいらっしゃいました。
    ご新居でのご家族のだんらんが楽しみですね。素敵なお住まいになりますように。


    H様 お疲れ様でございました。

    記事詳細へ

  • 5月13日 幕張へ収納コンサルティングに伺いました。


    N様は、1階に店舗と親世帯のある2階建ての二世帯住宅をご計画中です。
    店舗受付は、限られたスペースの中に、パソコン、プリンターやカルテの棚や資料など

    必要な物が収まるようにカウンターや可動棚収納を設置しました。
    2階の間取りについては、デザインを重視しながら、収納スペースを確保出来るようにと、

    ご主人様が色々と間取りや収納の案を考えていらっしゃいました。
    主寝室のWICとホール収納をどの様なバランスで取るか、開口部をどこにするかなどを悩まれていました。

    最大限に活かした収納にするには広さだけでなく、まず何をどれくらい収納する必要があるか、
    アクセスしやすい場所か、内部は使いやすく仕切られているかなどを総合的にみて判断すると
    活きた収納スペースになることをお話しさせて頂きました。キッチンに近いホールにはパントリー、
    掃除機やモップ、工具箱を入れる収納庫を設置、WIC内部はステンバイプと、可動棚のスペースを設けました。
    LDKに面した収納スペースは、インテリア性を考えて建具に合わせた造り付けの本棚にして、見せる収納に
    されました。ご自分のテイストに合わせたデザイン性を保ちながら、収納スペースで生活のしやすい工夫を
    取り入れると、快適なお住まいになると思います。
    細かいところをシミュレーションすることにより、とても安心できたと奥様に仰っていただき、大変嬉しいです。

    N様、お疲れ様でした。

    記事詳細へ

  • 7月9日、相模原へ収納コンサルに伺いました。


    猫ちゃんと二人暮らしのT様のコンサルでした。
    収納はたくさん入っているお宅でしたが、より使い勝手がよくなるよう、
    持物やライフスタイルに合わせての微調整を所々行いました。
    例えば、広めの可動式の棚が設けられる予定だったのですが、
    重たい物をのせてしまうとたわんでしまう可能性もあるため、
    真ん中に壁を立てて棚を2つに分けるのをご提案させていただきました。
    一本の長い板ですと形や大きが違うものでも同じ一枚の棚に置かなければいけないため、
    スペースがもったいないこともありますが、棚を仕切れば
    物も大きさごとに分け、棚板も物に合わせて設置できるので効果的です。
    玄関のシューズクローゼットや、キッチンのパントリーをそのように、調整しました。
    また、1階のトイレは、猫ちゃんのトイレも置けるように少し大きめに作られていました。
    猫ちゃんのトイレの高さはそれほどないため、下は空洞にしておき、
    トイレの上から収納を設け、猫の砂や、
    人間用のトイレットペーパーもたくさん収納できるように工夫。
    猫のトイレは意外と置き場所に困るため、設計の段階から計画できると良いですね。
    トイレのドアには猫ちゃんが自由に出入りできるようにペットドアも取り付けられる予定です。
    パントリーには冷蔵庫のほか、冷凍庫を置かれる予定であるため、
    ここもそれに合わせて食品を収納するスペースを工夫しました。
    T様も事前に色々とお考えになられていたため、ライフスタイルや
    お持ちの物に合わせた、まるでカスタム収納がとてもスムーズに計画できました。
    これからもご新居でスッキリした生活がおくられると良いですね。


    とても楽しかった、とおっしゃってくださったT様。

    大変お疲れ様でございました。


    記事詳細へ

  • 7月8日、君津へ収納コンサルへ伺いました。

    ご主人と奥様のお二人家族です。


    リビングダイニングの収納スペースが少なめなので、
    続きの洋室の押入収納を工夫して利用されるとよいかと思います。

    ご家族の形態の変化とともに、モノが増えたり、変化したりするので、
    常に必要で出ているモノと、変化していくモノのための収納スペースをそれぞれ、
    確保しておくとよいでしょう。


    S様、お疲れ様でした。

    記事詳細へ

  • 7月8日 横浜に収納コンサルティングに伺いました。


    30代男性、シングルのお客様のコンサルをさせて頂きました。
    現在は同じ敷地内にお母様とご一緒にお住まいです。
    ご新居に持ち込まれる荷物はPCやプリンター関係が主で
    その他の物は、ほとんどお引越し後に準備なさるとの事でした。
    ご新調される用具や置き家具を中心に、今後の生活スタイルや
    新しく増えていく家族構成をイメージしながら
    ご相談させて頂きました。


    A様お疲れさまでした。

    記事詳細へ

  • 1月30日、藤沢へ収納コンサルティングに伺いました。


    ご趣味と暮らしを楽しんでいらっしゃるご様子の三人家族のM様は
    ご夫婦お二人ともに、たくさんの「趣味のもの」をお持ちでした。
    想像はしていても、実際にご新居の図面に落とし込んでみると
    あれこれと置く場所に悩まれていらっしゃいました。


    また、大切な思い出のある嫁入り道具の置き場所も一緒に悩みながら
    「捨てないとダメですか???」と一度は悲しそうにされていた奥様ですが
    なんとか置ける場所を確保して、ホっと笑顔になりました。
    手放す必要のあるもの、大切にしたいもの、線引きは難しいところです。
    どちらにしてもご本人が納得されることが何よりですね。


    それぞれの趣味のものを置く場所を譲り合い、アドバイスしあい
    とても仲良しなお二人に私たちも嬉しくなりました。


    M様、長時間のお打合せ、お疲れ様でした

    記事詳細へ

<<次の記事 | 次の記事>>

 (株)収納計画が提供しているコンテンツ

最新の記事一覧

カテゴリー

2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

<<10月