スタッフブログ

2018.3.19M様 収納コンサルティング(№1725)

12月10日横浜の収納コンサルティングを行いました。


M様のご新居のご計画です。
2階の寝室には奥行きが80cm近くあるクローゼットがあり、中には袋棚とパイプがつく予定です。
通常のお洋服をハンガーにかけた場合、55cm〜60cmの奥行きがあればクローゼットに入ります。パイプが

奥から30cmに設置される予定でしたが、その場合手前に少しスペースが余ります。パイプを手前から30cmに

移動させ、後ろにスペースを余らせることでちょっとした物が収納できるスペースができることをご説明。
例えば、薄型の本棚を奥に置き、読み終わってとっておかれたい本の保管場所として使ったり、季節外の

小物や思い出の品が収納できます。もう一つは、本棚ではなく奥に可動式の棚を取り付けることも可能であることをご説明しました。奥行き25cmほどであれば手前に服を掛けるスペースも十分あります。
棚にするメリットは、物に合わせて高さを調整できることです。下は少し開けておき、奥行きのある衣装ケースを

置くこともできます。ただ、手前にハンガーに掛かった洋服がくるため、毎日使う物よりも保管しておきたい物や
季節物を収納するのに適したスペースであるともご説明。ファイルボックスも入る奥行きであったため、

普段あまり見ない書類の保管場所としても使えると大変喜んでいただけました。
ちょっとした隠れた収納スペースですが、空間を有効的に使い、収納を少しでも増やせる方法でもあります。


M様 お疲れ様でございました。

 (株)収納計画が提供しているコンテンツ

最新の記事一覧

カテゴリー

2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

<<10月