認定試験について

住空間収納プランナーの3ステージ

自分らしい目標に向けてステップアップできる
3つのステージがあります。

住空間収納プランナー認定試験には「整理収納の概念」「現状の暮らしの改善や収納計画の提案」などの基礎知識を問う“ベーシック”、「収納用品や収納家具のプロデュース」などプロフェッショナルとしてのノウハウを問う“エキスパート”、「講義スキル」「講座理解」など指導者としての能力を問う“マスター”があります。 

ご自身の住まいを快適にしたい方、ビジネスの場で差をつけたい方、独立・起業を目指す方、教育者・指導者の道を目指す方、業界を引っ張るリーダーを目指す方……、あらゆる方にチャレンジしがいのあるステージが用意されているのです。キャリアプランを見つめて自分らしい目標を掲げ、意欲的にチャレンジしてください。 

なお、日本収納プランナー協会および協会認定校では、各認定試験の受験を希望される方を対象に住空間収納プランナー養成講座を開催しています。 たしかな力をつけ、自信を持って試験にのぞむために、ぜひご活用ください。

分析力やプランニング能力などを認定する住空間収納プランナーの基本ライセンス

住空間収納プランナー ベーシック認定試験概要


試験時期 養成講座受講者は毎月実施(認定講座の最終日に実施)
試験会場 (株)収納計画セミナールーム
受験資格 受験資格は問いません
試験形式 記述式(45分)
費用について 5,000円(税込)
※お申し込み後の受験日変更、取り消し、返金はできません。次回への延期もできませんのでご注意ください
合格基準 70%以上の正解率を合格とします
更新 毎年更新

※認定会員証イメージ

認定試験のスケジュールはこちら

より高度なプランニング業務に携わる方のための深い専門知識を認定する上級ライセンス

住空間収納プランナー エキスパート認定試験概要


試験時期 年3回(4月・8月・12月)
試験会場 東京会場:(株)収納計画セミナールーム
大阪会場:大阪市内
受験資格 ベーシック認定試験に合格していること
試験形式 記述及びプランニング
費用について 15,000円(税込)
※お申し込み後の受験日変更、取り消し、返金はできません。次回への延期もできませんのでご注意ください
合格基準 70%以上の正解率を合格とします
更新 毎年更新

※認定会員証イメージ

認定試験のスケジュールはこちら

教育機関やセミナーで講師を務めるなど後進を育成する方のための最上位ライセンス

住空間収納プランナー マスター認定試験


試験時期 年2回(6月・12月)
試験会場 (株)収納計画セミナールーム
受験資格 受験資格は問いません
試験形式 講師実技試験及び論文
費用について 20,000円(税込)
※お申し込み後の受験日変更、取り消し、返金はできません。次回への延期もできませんのでご注意ください
合格基準 記述式試験は80%以上の正解率を合格とします
更新 毎年更新

※認定会員証イメージ

認定試験のスケジュールはこちら